公庫や銀行から融資を受けるコツ

内装工事費用に関して、よく相談を受けるのが、「どうしたら、公庫や銀行などの金融機関から融資を受けられるか?」ということです。

いくら良い物件を探すことができても、開業資金の目途が立たなければ、話は先に進みません。今の時代、自己資金だけで出店するのは珍しいことですから、金融機関から融資を受けるのは当然でしょう。

公庫から融資を受ける場合

公庫などの公的な金融機関から融資を受ける際に、必ず確認されるのが自己資金です。

  • 自己資金がいくらあるのか
  • どうやって自己資金を融通したのか

上記の2点を明らかにしなければなりません。現金として銀行口座に入金されていることが基本ですが、見せ金で良い場合もあります。

たんす預金で賄った、親から借りた、スポンサーに出してもらったなど、理由は何でも構いません。金額と工面した方法がハッキリしていればOKです。

では、ある程度の自己資金があったとして、いくらぐらいまで融資してもらえるのでしょうか?基本的には、自己資金と同額までが、融資の限度額と考えておくと良いでしょう。

日本政策金融公庫(旧:国民生活金融公庫)には、自己資金と同額まで融資してくれる制度があります。例えば、500万円の自己資金があれば、融資額も500万円ですから、資金総額は1,000万円という計算になります。

また日本政策金融公庫の場合、経験が担保になり、同業種の開業には500万円まで融資してくれる制度もあります。つまり、スタッフでも良いので、飲食店での勤務経験があれば、飲食店を開業するために500万円は貸してもらえるということです。

日本政策金融公庫には、この他にも様々な融資制度があります。詳しくはホームページにも掲載されていますので、ぜひ研究してみて下さい。
日本政策金融公庫ホームページ

銀行から融資を受ける場合

もちろん、銀行から融資を受けることもできます。最近は、日本政策金融公庫が貸し渋りの傾向にありますので、銀行で融資を考えるケースも多いでしょう。

銀行の場合、自己資金も去ることながら、重視されるのは事業計画です。

立地条件、見込み客数、想定客単価などから、実現可能な売上目標を設定しましょう。その売上目標の7~8割の売上で、設備投資、原価、家賃、人件費などの諸経費を支払えることを示し、さらに返済の収支計画を明確にしましょう。

売上目標が年々アップして、なおかつ売上目標の7~8割の売上で成立する返済計画を示すというのがポイントで、そこが銀行が融資の可否を判断する基準になっているようです。

現実的に目標が100%達成することは少ないので、100%で返済計画を考えていると、なかなか融資の決裁がおりません。

細かい融資条件などは、こちらの全国銀行協会のホームページに載っています。
全国銀行協会ホームページ

また、現役の銀行員が運営しているこちらのサイトも、融資関連の情報を網羅しており、Q&Aも充実しているので、大いに参考になるでしょう。
銀行融資ローン悩み疑問

事業計画の重要性

事業計画が大切なのは、日本政策金融公庫も同じです。銀行でも日本政策金融公庫でも、融資を依頼するときは、融資の申込用紙に記入するだけでなく、返済計画を盛り込んだ事業計画書を添えましょう。

  • 経営者としての自己紹介
  • お店のコンセプトや営業方針
  • メニューと料金
  • お店に対する思い入れ

上記を簡単にまとめた「お店のプロフィール」を渡せば、融資の決裁が有利になることは間違いありません。売上目標や返済計画を示すことも重要ですが、融資担当者は、何よりあなたの人柄や情熱を見ているのです。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積もり比較

内装工事の施工例・お客様の声・運営会社・更新情報

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ