焼鳥屋におすすめの内装デザイン

新たに焼鳥屋を開業するときには、コンセプトを決める必要があります。若い人のデートスポットにもなる、おしゃれな焼鳥屋を開業したいと思う方もいるのではないでしょうか?

では、おしゃれな焼鳥屋を開店するには、どんな内装デザインが良いのでしょうか?

おしゃれな内装の焼鳥屋

おしゃれな焼鳥屋にしたいのであれば、窓を上手に使うようにしましょう。特に居酒屋エリアにはビルが多いですが、2階以降の物件には、ほとんどの場合は窓があるので効果的に使いましょう。

店内からカウンター越しに外が見えるようにするのも大切ですが、通りから店内がどのように見えるかを意識することが大切です。外にいる人が窓越しに店内を見ておしゃれに見えるように、天井と照明のデザインにこだわりましょう。

さらに、焼鳥屋なのに通りからワインセラーが見えるようにしたりするのも、注目を引くポイントとなります。

そして壁などは左官の壁にするとシンプルですが、高級感が出て、ちょっとした高級寿司屋のような雰囲気を出せます。

シックな内装の焼鳥屋

大人向けのシックな雰囲気の焼鳥屋にしたいのであれば、ダークブラウンの木の素材を上手に使って、全体をシックにまとめるようにしましょう。

また、厨房をカウンターテーブルが囲むようなレイアウトにして、鉄板料理店のような雰囲気にするのもデートスポットとしては盛り上がるでしょう。活気のある調理場を見ながら、デートのときの会話が弾むはずです。

このときに調理場の炎などがカウンターからきちんと見えることも大切です。

居酒屋である焼鳥屋は夜の利用がメインとなるので、銅板を使った照明を用いることによって、夜空の中での食事というロマンチックな空間を演出することができます。

以外におすすめな狭小物件

焼鳥屋を開業するときに、意外におすすめなのが狭小物件です。狭小物件は賃料が安いので内装にお金をかけることができますし、ちょっとした小物でも空間をおしゃれに演出することができます。

しかも、空間が狭いと機能性を上げることができ、厨房での動線にも無駄がなくなります。

さらに、立ち飲み店舗にすることでお客さんの回転率を高め、利益を確保しやすくするという方法もあります。

おしゃれな焼鳥屋をオープンするためには、外から見える店内の様子を意識したり、木や照明を上手に使ったりしましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装デザインの事例・お客様の声・人気の記事

担当者

野村 晃正

セキュリティ対策

当サイトの接続は、Secure Coreによって保護されています。


無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ