焼鳥の専門店を開くための内装工事費用は?

焼鳥の専門店を開くために予算を立てるとき、重要になるのが予算の半分を占めると言われる内装工事費用です。

では、焼鳥の専門店を開くために必要な内装工事費用は、どれくらいを想定しておいたら良いのでしょうか?

内装工事費用の坪単価の相場

焼鳥の専門店の場合は、内装工事費用の坪単価を30万円くらいと想定しておくことができるでしょう。

焼鳥の専門店を開業するときには初期投資が多く必要となります。保証金や家賃、そして内装工事費用などがかかるのですが、この内装工事費用が大部分を占めます。

融資も利用できますし、最近では女性や若い人、さらにはシニアの方が融資を受ける際に優遇されるサービスもありますので調べてみましょう。ある統計では開業資金の3割程度が自己資金で、それ以外は金融機関や親族知人からの借り入れということです。

いずれにしても店舗内装には、ある程度まとまった金額がかかることを予想しておきましょう。

具体的な内装工事費用

では、具体的な内装工事費用を実際のケースから見てみましょう。

例えば、ある焼鳥の専門店は、30坪程度の土地で元々あったお店を改装するかたちで開業しました。そのときにかかった内装工事費用は約200万円でした。

その内訳は、厨房機器に20万円前後、看板やその他のサインに100万円、内装やデザイン料に20万円、それ以外に備品と販売促進費がかかりました。

このように、元々あったお店の設備をそのまま使うようなケースだと、内装工事費用を大きく浮かせることができます。ただし、前の店舗との差別化をするためにも、外装の改装にお金をかけるようにしましょう。

焼鳥の専門店は利益が出やすい?

焼鳥の専門店のメリットの1つは利益が出やすいということです。ですから、比較的早めに初期費用を売り上げで回収することができます。

焼鳥の専門店というのはメインの材料の鶏肉の原価が低く、牛肉ほど品質のばらつきがありません。味付けと焼き方で、ほとんどの鶏肉が同程度の仕上がりと味になるのです。

作業も肉を串に刺して焼くという単純作業なので、人件費と教育費用を抑えることができるのも魅力です。しかも、焼鳥と一緒に利益率の高いお酒を多く販売できるので、安定収入を見込むことができます。

こういった利益率の高さも念頭に置きながら、内装工事費用にいくら費やすかを決めて、設備にどの程度のコストをかけるかを判断していきましょう。

初期費用を抑えるためにも、良い改装物件があれば、積極的にアタックして下調べをきちんと行いましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装デザインの事例・お客様の声・人気の記事

担当者

野村 晃正

セキュリティ対策

当サイトの接続は、Secure Coreによって保護されています。


無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ