焼肉屋の内装工事にかかる費用と坪単価

焼肉屋を開業しようとしている人の多くは、内装工事の費用や坪単価が気になりますよね?

必要となる物は理解していても、内装工事にかかる費用や、一般的な坪単価を把握していない方も少なくありません。スムーズに焼肉屋を開業するためにも、相場を知っておきましょう。

焼肉屋の内装工事にかかる坪単価

基礎的な知識ですが、坪単価は物件の規模によって上下します。5坪前後の店舗であれば通常の坪単価より高くなり、15~20坪であれば平均値となります。

一般的に焼肉屋の坪単価は、1坪30~50万円と言われています。これを基準にして、物件の規模から坪単価を考えると良いでしょう。

もちろん大きな物件になればなるほど、坪単価より安くなります。これには理由があり、大きな店舗でも小さな店舗でも、新装の場合の設備工事に関する内容があまり変化しないためです。

しかし、安易に規模を大きくすれば良いというわけではありません。過剰に規模を拡大すれば、経営の負担を増やすことになってしまいます。

自分の予算と今後の運営に合わせて、適切な規模を設定しましょう。

改装して焼肉屋にする場合

内装工事や設備工事を含む坪単価は、たいていの場合は居抜き物件を改装する方が安く済みます。当たり前の事ですが、既存の物を流用できるからです。

ただし、ラーメン屋などの全く異なる業態から焼肉屋に改装する場合は、元が飲食店であっても流用できる物が少なく、多額の費用がかかるケースもありますので注意が必要です。

また内装や設備を充実させる場合も、新装より高くつくこともありえます。

流用できる物は妥協して使うなどして、通常の改装のレベルで進める場合であれば、20坪前後だと坪単価は15~30万円で済みます。場合によりますが、改装の方がやはり安く済みます。

もっとも、厨房の位置を変えたり店内を大きく変更する場合は、新装の内装費用と大差がありません。こだわる部分と妥協できる部分は明確にしておきましょう。

新装と改装のメリットとデメリット

新装と改装のどちらにも、それぞれにメリットとデメリットがあります。

理想の形を追求して細部にまでこだわるのであれば新装にするべきですが、その分費用も高額になります。

立地などを我慢できるのであれば、居抜き物件からの改装は非常にメリットが大きいです。しかし後で不満がでる可能性もあり、改善しようとすればするほど追加で費用がかかる可能性もあります。

どちらも一長一短であり、目先の損得に囚われずに吟味する事が大切だと言えるでしょう。それぞれの違いと内装工事にかかる費用や坪単価を把握する事で、自分にとって最善の道が見えてくるはずです。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積もり比較

内装工事の施工例・お客様の声・運営会社・更新情報

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ