うどん屋の内装で人気があるデザインは?

日本国内は元より、海外でも人気が集まっているうどん屋は、手軽に食事を取れる和製ファーストフードとして、ラーメンに取って代わる存在です。

最近のうどん屋は、店舗内装にどのような傾向があるのでしょうか?

チェーン店系のうどん屋の内装

近年では、チェーン店のうどん屋が非常に増えて、昼時になると行列ができる店舗も多いですが、特にチェーン店系のうどん屋の内装としては、セルフ系ライブキッチン型が多く見られます。

このライブキッチン型とは、麺を打つ製麺や茹であげから天ぷらの調理などを行なう調理場が、壁などで隔てられておらず、お客さんの前で調理するスタイルを指します。

ライブキッチン型では、顧客がうどんや天ぷらなどを調理する過程を目の前で見ることができ、一種のエンターテイメント性を備えています。

茹でたてのうどんや揚げたての天ぷらは、食欲を増進させると共に、近年広がった食への不信を解消する点においても一役買っています。

こうした店舗は全てがセルフサービスになっており、スタッフはうどんの調理を行なうだけで、おにぎりや天ぷらなどのサイドメニューは顧客が自分で取り、薬味なども取った上で会計へと進みます。

旧来のうどん屋との違い

旧来のうどん屋や蕎麦屋などの場合は、一般的な定食屋やレストランなどと同様に、客席と厨房は完全に隔たれており、調理の過程を見る事ができないタイプの店舗が多いです。

唯一見る事ができたのは、蕎麦粉を石臼で挽いたり打ったりする過程で、一般的には店先で外部からも見える位置に調理コーナーが設けられていました。

しかし、近年ではこうしたタイプの店舗は旧来から営業しているお店に限られ、特に価格の安さを売りにしてチェーン展開している店舗の場合は、いずれもセルフ系ライブキッチン型が採用されています。

おしゃれな内装の高級店

セルフ系ライブキッチン型は低価格帯の店舗である一方、おしゃれな内装を採用した高級店もあり、こちらもまた今人気を集めているタイプのうどん屋です。

こうした高級店は特に都市部に多いのですが、客の回転率や人件費の節約を意識したセルフ系とは異なり、一般的なレストランと同様のフルサービスが行われており、内装や設備にも高級感あふれる物が採用されています。

コンセプトはそれぞれで変わりますが、旅館をイメージしたり、和モダンをコンセプトにしたり、また現代風でカフェのような内装にしている店舗もあり、それぞれ様々な特徴を出しています。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装デザインの事例・お客様の声・人気の記事

担当者

野村 晃正

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ