テイクアウト店の内装工事にかかる坪単価

テイクアウト店に限らずお店を開業する際には、内装工事にかかる坪単価は欠かせない知識であり、内装業者に相談するときの武器にもなります。

知識がないまま開業せず、一般的な費用の相場を知って、有利に開業の準備を進めていきましょう。

テイクアウト店の一般的な坪単価

内装費用と坪単価は一見すると違う言葉ですが、全体にかかる費用はひとくくりに考えます。内装工事と設備工事にかかる費用を全て合わせて、1坪あたりで計算したものが坪単価です。

新装の場合、必要最低限の工事にはあまり大差がないため、坪数が大きくなるほど坪単価は安くなります。

新装なら扱う商品にかかわらず、どんなテイクアウト店でも坪単価20~30万円には収まると言われています。

居抜き物件の場合は、物件の状態や引き継げるものによって金額が変わってくるので、内装業者に現地調査をして見積りしてもらう必要があります。

内装費用を安く抑える方法

上記は新装で開業する場合の坪単価です。いわゆるスケルトン物件にかかる費用は、だいたい上記の金額に納まるでしょう。

もっと安く仕上げる方法は、居抜き物件を契約することです。造作譲渡料金を支払って居抜き物件を契約し、既存の内装や設備を引き継いで利用するのです。

テイクアウト店の居抜き物件はたくさんあるので、自分が経営したいと思っているお店と同じ業態の居抜き物件が見つかる場合もあります。

清掃や少しの整備は必要だとしても、居抜き物件であれば設備も利用できるので、坪単価は10万円前後と言われています。もちろん物件の状態によっては、もっと安く済む可能性もあります。

浮いた資金の使い道も増えますので、居抜き物件も選択肢の1つに入れておきましょう。

スケルトン物件 or 居抜き物件

スケルトン物件のメリットは、やはり自分の理想とするお店を追求できることです。

内装工事にかかる費用は当然多くなりますが、その分こだわってお店を作ることができます。資金に余裕がある人は、こちらを利用するべきでしょう。

居抜き物件のメリットは、やはり内装工事にかかる費用が安くなることです。浮いた資金をインテリアや食材の仕入れに回すことで、他店よりワンランク上のお店を演出することもできます。

デメリットは、出店の立地が選びにくいことと、既存の内装を使わなければならないことです。こだわりが強い人にとっては、何よりも大きいデメリットだと言えます。

手持ち資金や融資を受けられる金額も考えて、予算的に無理のない範囲で、スケルトン物件と居抜き物件のどちらで開業するかを決めましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積もり比較

内装工事の施工例・お客様の声・運営会社・更新情報

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ