テイクアウト店における内装工事のポイント

近年は様々な飲食店がありますが、宅配とは一味違ったテイクアウト専門店も人気になっています。

今は家で料理をしない人も増えているため、テイクアウトのお店は、年齢や性別を問わず様々な客層から支持を集めています。

テイクアウト専門店を開業する前に、必要な知識を学んでおきましょう。

何のテイクアウト専門店にするか?

一口にテイクアウトといっても、近年では様々なテイクアウト専門店があります。

どんな設備を揃えたら良いのか迷うこともあると思いますが、あの店舗にはアレがあったし、あちらの店舗にはコレがあったから、というように揃えていくのは絶対にやめましょう。

まず自分のテイクアウト店のコンセプトを決めて、そこから逆算して必要な設備を揃えるようにしましょう。

定番のお弁当屋さんであれば、コンロ等はもちろん必要ですが、他にもたくさんの物が必要になります。揚げ物を提供するならフライヤーが必要ですし、作るメニューによっては製氷機も必要です。

また業務の効率を上げるためには、どのテイクアウト店でも食洗機は必要になるでしょう。基本的な事ではありますが、シンクは2層式が義務づけられているので、必ず守るようにしましょう。

カフェやケーキ屋、パン屋といった製菓のテイクアウト店であれば、商品を陳列するショーケースは必須です。商品をお客様に見えやすくすることで、集客にも繋がります。

テイクアウト店の強みを活かす

テイクアウト専門店は、基本的に従業員を雇用しないため人件費はかかりません。夫婦で開業される方も多く、この場合も本人たち以外の人件費はかかりません。

人件費がかからないことで、より上質な機材や高品質な食材に資金を回すこともできますし、内装やインテリアにお金をかけることもできます。

どんなテイクアウト店を開業するか決めた後は、料理のコンセプトに合った内装を作りましょう。

洋食のお弁当屋さんであれば、入店した時に変化する空気感と、落ち着いた雰囲気が大切です。海外の料理であれば、やはりその国にちなんだインテリアで統一しましょう。

オープンキッチン or クローズドキッチン

テイクアウト専門店の内装で特に重要になるのが、キッチンの形態をどうするかという点です。

オープンキッチンは、調理の際の香ばしさがお客様に届き、食欲をそそります。対してクローズドキッチンは、店内に匂いが染み付くことがないため清掃は楽ですが、お客様とのコミュニケーションが難しくなります。

立地によっては、地域密着型の店舗運営をする方が良い場合があります。

接客でも調理でも、お客様との密な関係を作ることでリピーターが増えますので、地域密着型のテイクアウト店にする場合はオープンキッチンにしましょう。

内装はただ揃えるだけでなく、完成形をイメージすることが大切です。また良い設備があっても、それを活かす配置になっていないと作業効率が悪いので、プロの手も借りて適切なレイアウトにしましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装デザインの事例・お客様の声・人気の記事

担当者

野村 晃正

セキュリティ対策

当サイトの接続は、Secure Coreによって保護されています。


無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ