ラーメン屋の内装工事に必要な費用は?

利用する側から提供する側に視点を変えることで、見えてくるものが変わります。

それはラーメン屋でも同じことです。一口にラーメンと言っても、厨房機器を揃えるには多くの費用がかかり、予想している以上に必要な物が多いのです。

こちらの記事を参考にして、ラーメン屋に必要な物や費用について、あらかじめ知っておきましょう。

ラーメンの製造に必要な物は欠かさない

雑誌や専門誌、開業するための本など多数有りますが、それらによると、開業資金はだいたい1,000万円と言われています。しかし、これはあくまでも理想的な状況で資金がある場合です。

最低限の内装工事に抑えるとしても、300万円程度の費用は必要になります。これに厨房機器や空調等も加えて、内装工事に400~600万円程度は見ておいた方が良いでしょう。

元々ある店舗の改装ではなく、スケルトン物件でゼロからスタートする場合は、おおよそ上記の値段に収まると言われています。これは20坪程度として計算しており、一般的な坪単価である30万円程度です。

自分で提供できる物も検討し、提供する商品に見合った設備を揃えていきましょう。

少しでも安く開業したい場合

上記の方法は、スケルトン物件でゼロから開業する場合ですが、他に内装工事の費用を抑えられる方法もあります。

いわゆる居抜き物件と言われる、元々営業していた飲食店の内装や設備を引き継ぐ方法です。自分の希望に叶う居抜き物件があれば、こちらの選択肢もありだと言えるでしょう。

元々ある内装や設備を使用できるため、その分の費用を抑えることができます。もちろん、変えたい部分を工事したり、カウンター席を作ったりする場合などは、それ相応の費用がかかります。

居抜き物件の取得にかかる費用は、おおよそ60~100万円と言われていますので、スケルトン物件でゼロから開業するより格段に安くなります。

妥協して良い部分と駄目な部分

上記に記述した通り、ラーメン屋の開業は複数の方法で行えます。しかし、初期費用を安く抑えようとしすぎて、肝心の品質が下がってしまっては意味がありません。

もちろん、お客様への配慮も必要です。設備工事がしっかりされていなければ、居抜き物件だとしても手を加える必要があります。

自分が満足できる調理環境を作ると共に、お客様が不快に感じない内装や製品提供を心がけましょう。小さな事が重なり、それが口コミとして広がれば、お店の信用問題と売り上げに直結します。

上記の方法はあくまでも一例であり、金額についても一般的な数値なので、全てのケースで正解とは言い切れない部分があります。

一般的な情報を知識として蓄えた上で、実際に内装業者から見積りを取って判断しましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積もり比較

内装工事の施工例・お客様の声・運営会社・更新情報

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ