ペットサロンの内装工事で気をつけること

近年では何かをモデルにしたペットサロンが非常に人気であり、テレビや雑誌でもたくさん取り上げられていますよね。

こうしたペットサロンをオープンしたい方も多いと思いますが、開業する前に内装についての知識も取り入れておましょう。

ペットサロンの内装はコンセプトが大切

一言でペットサロンといっても、様々なペットサロンが存在します。

猫カフェや犬カフェなど、大切な家族であるペットと一緒に過ごせたり、飼うことが難しい人に向けたペットサロンもあります。

ペットサロンと同時にペットホテルとして運営しているお店もあり、こうしたケースでは空間ごとの区切りが大切です。そして知らない方も多いですが、近年では動物病院もペットサロンに分類されます。

  • 猫カフェや犬カフェなど
  • ペットサロン兼ペットホテル
  • 動物病院

ペットサロンは大きく分けて上記に分類されますが、当然目的別で内装に違いが出てきます。自分が開業したいペットサロンをイメージして、それに合った内装を作りましょう。

内装と同時に立地も気をつけよう

実はペットサロンには、内装と同じくらい大切なことがあります。

それはペットサロンの立地です。たとえば、周囲に様々な建物がある場合は、近隣から苦情が来る可能性がとても高いです。

犬や猫は夜中に吠えたり、鳴いたりすることが多いです。トレーナーにしっかり訓練されていても、何かのタイミングで一斉に鳴きだす可能性もあるのです。

同時に臭いにも配慮が必要になってきます。騒音と臭いは、周囲が動物好きの方だけなら良いですが、周りに飲食店などがある場合は特に配慮が必要です。

空調工事などを適切に行えば、臭いを最小限に抑えて快適な空間を作ることもできます。予算との兼ね合いもありますが、防音工事もできればさらに良いでしょう。

ペットサロンは様々な要因によって、内装工事にかかる費用が膨らみやすいと覚えておきましょう。

こだわりを持って間接照明を使う

照明はただ明るければ良いという物ではありません。照明のデザインや明かりの種類で、店内の雰囲気はガラリと変わります。

特にペットサロンには、落ち着いた空間が必要です。内装は専門の業者に依頼する場合がほとんどですが、依頼する前の見積りの段階から、照明についても話し合っておきましょう。

自分の理想とする雰囲気を伝えると、内装業者も様々な提案をしてくれます。イメージを伝えるのはなかなか難しいですが、好きなお店の写真を見せると、内装業者にイメージが伝わりやすいです。

自分の中でイメージが固まっているからといって、依頼する人に伝わらなければ意味がありません。好きなお店の写真やホームページなどを準備して、内装業者に的確にイメージを伝えましょう。

ペットサロンの内装には、他の業種とは異なる配慮が必要です。臭いや騒音への対策を考え、立地をしっかり確認した上で、納得のいくペットサロンを作りましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積もり比較

内装工事の施工例・お客様の声・運営会社・更新情報

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ