お好み焼き屋の物件探しと坪単価の相場

お好み焼き屋を開業するにあたって、最も気になるのは内装工事にかかる費用と物件探しではないでしょうか?

新装と改装のどちらにもメリットがあり、内装工事にかかる費用にも差が出てくるため、適切な相場を把握しておく必要があります。

まず物件探しがスタートライン

一口にお好み焼き屋の内装工事と言っても、新装か改装かによって状況はかなり変わってきます。

スケルトン物件からの新装であれば非常に自由度が高く、自分が思い描く理想の店舗が作れますが、ゼロから内装工事を行うため多くの費用がかかります。

対して居抜き物件では、内装や厨房機器といった必要設備が揃っている状態です。開業予定の店舗と同じ業態であればさらに都合が良く、ほとんどの物を流用できる可能性もあります。

居抜き物件でも、お好み焼き屋に足りない物を足す程度の費用は必要になりますが、新装開店との費用の差は歴然です。

お好み焼き屋の一般的な坪単価

一般的なお好み焼き屋は、10~20坪程度の場合が多いです。

坪数が大きくなるほど、坪単価が安くなるという事はご存知でしょうか?その理由は、スケルトン物件から新装開店する際に必要となる、最低限の設備工事や人件費はあまり変わらないからです。

お好み焼き屋の一般的な坪単価は、30~40万円が相場だと言われています。相場の金額に幅があるのは、実際には立地条件や物件の状態によって坪単価が異なるためです。

しかし、こうした一般的な相場を覚えておく事は大切です。見積り出してもらった際に適切な価格を指摘できますし、物件を選ぶ際の目安にもなります。

スケルトン物件か居抜き物件か?

上記の事を踏まえて、スケルトン物件と居抜き物件のどちらを選んで開業するか、もう一度考えてみましょう。

資金に余裕があって、自分のこだわりを貫き通したい方であれば、やはり改装よりも新装が良いと言えます。予算がそれほど多くなく、無理の無い範囲で経営したいのであれば、やはり居抜き物件です。

一般的に新装でも改装でも、半年後までの資金は残しておく方が良いと言われています。これは、精神的にも負担が少ないからです。

新しい事に挑戦するときは、体にかかる負担は少しでも軽減させるべきです。焦りや疲労の蓄積は致命的なミスに繋がるため、余裕を持って行う事が大切なのです。

スケルトン物件か居抜き物件か、自分に適した物件を選んで、最適な方法でお好み焼き屋を開業しましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積もり比較

内装工事の施工例・お客様の声・運営会社・更新情報

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ