ネイルサロンの内装費用を安く抑えるコツ

ネイルサロンを開業するにあたって、1番大きな出費となるのが内装費用ですが、少しでも費用を安く抑えたいと思っている方も多いですよね。

ネイルサロンの内装費用を安く抑えるポイントはいくつかあり、これらのポイントを知っておくことでコストを下げられます。

居抜き物件を利用して安く抑える

ネイルサロンに限らず、飲食店や医療関係など様々な業種で、開業の際に1番大きな出費となるのが内装費用です。

ネイルサロンの内装費用を安く抑えたい場合は、前のテナントの内装や設備をそのまま引き継げるような、状態の良い居抜き物件を利用することが得策です。

電気や水道はもちろん、以前のテナントがネイルサロンであれば、ほとんどの内装や設備がそのまま使えます。

開業資金もかなり抑えられるため、できるだけ費用をかけずに開業したい方は、頑張って居抜き物件を探しましょう。

材料の材質を落として安く抑える

内装費用が高くなるからといって、安易に内装に使う材料の材質を落として、安く抑えようとするのは間違いです。

こうした行為はコストダウンと呼ばれ、一見すると費用を抑えられて良いように思えます。しかし実際には、材料や資材のグレードを落とすことによって、内装のクオリティも下がってしまうのです。

コストダウンばかりを考えず、適正な価格であるかを重視しましょう。適正な価格で内装工事をしてもらうために、最低でも3社の内装業者から見積りを取るようにしましょう。

ネイルサロンの内装費用は、立地や業者によって差があります。複数の内装業者に見積りをお願いして、見積書の内訳と費用を吟味しながら、適切な業者に依頼しましょう。

自宅を改装して安く抑える

上記では居抜き物件を利用する方法を記載しましたが、内装費用を安く抑えるもう1つの方法として、自宅を改装してネイルサロンにする方法もあります。

お金を払って物件を借りる余裕はないけれど、ネイルサロンをオープンしたいという方には、自宅を改装するのが最適の方法になるでしょう。

実際に、自宅を改装してネイルサロンを開業している方もたくさんいます。しかし、自宅を改装してネイルサロンにする際は、内装設計やレイアウトには特に注意しなければいけません。

たとえば、施術スペースとトイレが近すぎるのはNGです。入り口から施術スペースまでは、お客様にとって特別な空間であることが望ましいのです。

トイレやキッチンなど生活感のある空間が見えると、ネイルサロンに来ている感覚を失っていまいます。経営者にとってもお客様にとっても、お店というのは特別な場所だと再確認しましょう。

まとめ

上記のように、ネイルサロンの内装費用を抑える方法は主に3つあります。

  1. 居抜き物件を利用する
  2. 材料の材質を落とす
  3. 自宅を改装する

ただし、それぞれに注意すべき点もあるので、要点をしっかりと把握して理想のネイルサロンを開業しましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積もり比較

内装工事の施工例・お客様の声・運営会社・更新情報

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ