親からも注目される学習塾の内装デザイン

近年の学習塾では、塾としての結果はもちろん求められますが、同時に内装をおしゃれにして、他の塾と差をつけることも大切です。

生徒や親御さん達に、塾は学校と違うという意識を持たせることで、勉強の効率アップにもつながります。

ロゴを内装の一部として演出する

塾の名前だけを記載している所もありますが、ロゴを内装の一部として演出している塾もあります。単に塾の名前だけを記載せず、横文字やおしゃれなロゴデザインを依頼して、差を生み出しているのです。

無料見学等を考えている方もいると思いますが、こうした細やかなポイントは親の目を引きます。入り口を通る際に目に入る位置に設置しておけば、それだけでも十分良い印象を与えることができます。

塾の名前というのは非常に大切であり、「それが塾の名前?」と思わせるだけでも価値があると言えます。競合相手との差を生み出すポイントとして、ロゴのデザインについて考えてみましょう。

机の配置で空間を演出する

昔の塾は学校と同じように黒板を設置して、そこに生徒の数だけ机と椅子を配置していました。しかしそれでは、とてもおしゃれとは言えません。

たくさんの講師を雇用する塾を考えているのであれば、カフェのデザインを参考にしてみるのも良いでしょう。木目調で統一し、椅子に色の変化をもたせて演出するなどの工夫も大切です。

さらにカフェのような落ち着いた雰囲気を出すことで、リラックスした状態でマンツーマンのテーブルを配置すれば、勉強の成果も上がるでしょう。

黒板を用いた教室なら、机や椅子の形にこだわりましょう。円形で黒板を囲うような配置や、半月状の物を用いて、周囲から視点を一箇所に集めるだけでも効果的です。

海外のデザインも取り入れる

日本では木目調のデザインやモノトーンが主流ですが、海外のデザインを取り入れることも検討してみましょう。

海外では国内のデザインと違い、床を黒で統一して壁をクリーム色にしたり、椅子や机をオレンジや赤などのビビットカラーにしている塾もあります。

もし資金に余裕があれば、季節ごとに色を変えてイメージチェンジするのも良いですね。色に変化をもたせることで、ふとした瞬間にリラックス効果を与えられます。

流行しているからと他に似せるよりも、国内と海外のデザイン、それぞれの良さを取り入れてマッチさせてみましょう。こんな場所で勉強したいと思われる、おしゃれな学習塾を目指しましょう。

近年の学習塾は外装や内装だけでなく、様々な違いをアピールする風潮にあります。他との違いを出して、生徒だけでなく保護者にも気に入られる学習塾をオープンしましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積もり比較

内装工事の施工例・お客様の声・運営会社・更新情報

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ