スポーツジムの内装デザインと機材の揃え方

スポーツジムは他の業種と違い、ジムの方向性によって揃える機材が変わり、それに伴って内装デザインも変化します。

通ったことのあるスポーツジムに置いてあるからと、安易に機材を揃えるのは危険です。方向性をしっかり決めてから機材を揃え、それに合った内装デザインを施しましょう。

スポーツジムの方向性を決める

一口にスポーツジムといっても、扱うトレーニングメニューの内容は様々です。エアロビクスや水泳、マンツーマンで指導するプライベートジムなど、いろいろなメニューがあります。

スポーツジムでは、トレーニング内容に応じた機材を揃える必要があります。しっかりと方向性を決めて、それに基づいて機材や内装の見積りを行い、必要ない経費はカットしていきましょう。

自分の開業資金に応じた広さと機材を知ることが、スポーツジム開業の第一歩です。何でも手広くやれば良いわけではなく、規模が小さくても特化している方が利用しやすい場合もあるのです。

通いやすいスポーツジムの内装

通いやすいスポーツジムとは、清潔感があり、トレーナーがしっかりとアドバイスをくれるジムです。たとえ内装デザインがきれいでも、指導してくれる人がいないと混乱する方も多いのです。

スポーツジムとして通いやすい場所を目指すのであれば、プライベートジムがお勧めです。個人トレーナーを雇用し、お互いに意見交換を行っていけば、必要な機材も明確になっていきます。

スポーツを楽しむジムなのか、ダイエットも兼ねているジムなのか、明確に方向性を決めましょう。何でも手広くやろうとすれば、それだけ開業資金も増えてしまいます。

スポーツジムに最低限必要な機材

最近のスポーツジムに必ずといっていいほどある機材は、ウェイトトレーニングのマシーンです。

ベンチプレスやスクワットラック、スミスマシーンといった機材は、どこのスポーツジムでも配備しています。フリーウェイト系の機材も、1台はあると良いでしょう。

エアロビクスやスタジオ系のトレーニングも兼ねている場合、専用の大部屋も必要です。最低限必要な機材は確実に揃えて、その上で自分がこだわりたい機材を追加していきましょう。

スポーツジムの内装は、一見すると同じように見えてしまいますが、ジムによって内容はバラバラです。複数の内装業者に見積りを取って、適正な価格で、イメージを形にしていきましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装デザインの事例・お客様の声・人気の記事

担当者

野村 晃正

セキュリティ対策

当サイトの接続は、Secure Coreによって保護されています。


無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ