エステの開業のための6つの準備

いつかは自分のエステを開業したいと考えて、今技術を身に着けている方もいらっしゃると思います。

しかし、いざ独立してエステを開業する時、何から手を付けたら良いのか分からないという場合もあるでしょう。しっかりと準備ができるように、エステの開業のための6つの準備について見ていきましょう。

準備1:エステを開業するために計画を練る

image

エステを開業して独立すると言うのは簡単でも、実際に開業するには多くの準備が必要になります。どこでどんなコンセプトのエステを開業するかによって、必要になる準備も大きく異なってくるでしょう。

自宅でエステを開業する場合は、必要な設備も少なく、工事をするとしても内装を変えるぐらいです。しかし物件を借りるとなると、イメージするエステになるように内装や外装を工事し、設備や備品なども購入する必要があります。

エステの規模が異なれば、必要になる設備も異なりますし、必要な資金も大きく変わってきます。どのようなエステで、どのようなメニューを提供するかによって、必要になる消耗品も異なってきます。

イメージがはっきりしていると、内装工事や備品の購入もスムーズに進みます。施術するベッドや椅子も必要になりますが、質によって値段が異なりますので、自分のイメージとマッチするものを探しておきましょう。

すでにエステでの勤務経験があり、技術もある方であれば、自分のエステを開業する際のイメージもはっきりしているでしょう。必要になる美顔器やその他の消耗品も、何を準備しておけば良いのか見当がつくでしょう。

準備2:絶対に必要になる資金を集める

自宅でエステを開業するのか、物件を借りて開業するのかによって、必要になる資金は大きく変わります。開業資金について考える時は、どのような形態で開業するかという点が重要になります。

自宅で開業 or 物件を借りて開業

先ほどの準備1、エステの開業を計画する段階で、開業資金についても考えておくと良いでしょう。開業資金は、開業の準備をする段階での資金と、開業してから必要になる運転資金を用意しなければなりません。

自宅で開業する場合

自宅で開業する場合は、100万円から200万円ほどの費用をかけて、内装を改装する場合が多いです。家賃はかからないので、必要になる資金も少なくて済みます。

内装はエステのイメージを決める大切なポイントですので、必ず改装した方が良いでしょう。エステに来る方は、普段の生活とは違った空間を求めますので、自宅で開業する場合でも、特別な空間を演出できるように改装しましょう。

自宅であれば家賃はかかりませんし、もし賃貸だったとしても、一室をエステとして使うのであれば家賃負担は少ないでしょう。

物件を借りて開業する場合

物件を借りて開業する場合は、家賃も必要になるため、開業資金は少し高くなります。賃貸で開業する時は、物件を契約するための諸費用に加えて、内装工事や設備にかかる費用も考えなくてはいけません。

家賃は10万円から20万円ほど必要になるでしょうし、自宅で開業する場合より工事費用も高くなります。すべての部屋を理想のイメージに近づけることもできますが、そうすればその分、工事費用も高くなります。

エステの内外装の工事費用は、物件の広さが10坪、坪単価15万円~30万円として、150万円~300万円ほどを目安に考えておきましょう。

項目自宅で開業物件を借りて開業
必要な工事内装を変えるぐらい内装や外装を工事
必要な設備少ない多い
家賃不要必要(10~20万円)
物件の取得費用不要家賃10か月分が目安
工事の坪単価-1坪あたり15~30万円
開業資金100~200万円150~300万円(10坪)

融資を受ける

image

これらの準備に必要な資金と運転資金を合わせ、自己資金で足りない部分を融資で賄うことになります。経営の実績が無いと、銀行から融資を受けるのは難しいので、日本政策金融金庫から融資を受けるのが近道です。

新創業融資は無担保でも融資を受けられるので、経営した実績が無い、これから開業したい方でも融資を受けることができます。それでも、しっかりと事業計画書を提出しなければならないので、準備は必要になります。

準備3:エステを開業する店舗を決める

image

資金を確保できたら、ここからさらに進んで物件を探していきます。もし自宅で開業するのであれば、物件選びについては選択肢がありませんので、後ほど説明する集客で工夫していかなければなりません。

これから新しく物件を探していく場合には、物件の状態だけでなく、周辺環境も考えて物件を探していきます。どのような客層をターゲットにするかによっても、探すべき物件の条件が異なってきます。

たとえば、会社員の女性をターゲットにするのであれば、車で行かなければならない所よりも、駅周辺の方が良いのは想像がつきます。仕事帰りなどにフラっと寄れる立地が、このターゲットの時には必要です。

しかし主婦などをターゲットにするのであれば、車で行かなければならない場所でも、駐車場の問題が解決されれば問題ないでしょう。

立地条件

店舗の内装は、エステのイメージを大きく左右する大切な要素になります。理想とする内装を作ることも大切ですが、資金も限られていると思いますので、どの程度の内装にするのかを検討しなくてはいけません。

エステとしてのグレードは、内装によって決まると言っても過言ではありません。新規開業の場合、グレードが高くないエステだとしても、1坪あたり20万円台という金額が、工事費用の最低ラインになるでしょう。

コストを抑えるために、備品でゴージャスに見せたり、お金をかけるポイントを絞り込むなどの工夫が必要です。坪単価が30万円より高くなると、グレードがさらに上がり、一目で分かるほど内装が豪華になります。

せっかくエステに来ているのに、自宅と同じような雰囲気であれば、日常の疲れを癒してくれる空間にはなりません。日常から離れた雰囲気を与えることが、エステを成功させるためには大切なポイントです。

費用と相談しながら、どの程度の内装にするのか、しっかりと内装を業者に伝えていきましょう。複数の業者に見積りを依頼すれば、できるだけ少ない工事費用で施工してくれる業者を見つけることができます。

準備4:エステの開業に必要な資格と手続き

image

エステを開業するにあたって、必要な資格というのは特にありません。しかし開業してサービスを提供するにあたって、何かしらの肩書があった方が、プロフェッショナルな雰囲気を出すことができます。

エステには民間が発行している資格があるので、いくら開業に必要ないとはいっても、いずれかの資格を取得しておくと良いでしょう。技術があることの証として、お客様から信頼してもらうことができます。

日本エステティック協会

日本エステティック協会は、これまでに10万人を超えるエステティシャンを世に送り出している団体です。公的な資格がはっきりしていないエステ業界において、ある程度の技術の目安となる認定資格を発行しています。

エステ業界の中で、エステで良いサービスを提供する者として、知識やレベルを決める指針を提供しています。

この協会が認定しているエステの学校などもあるので、ここで学ぶことで、卒業と共にエステティシャンとしての資格と技術を身に着けられます。

日本エステティック業協会

日本エステティック業協会は、エステ事業者の団体で、技術と知識があるエステティシャンを認定しています。多くの人が安心して施術を受けられることと、エステティシャンの技術向上を目的として、資格を認定しています。

認定校などを卒業することで、この資格を取得することができますが、資格の種類によっては実務経験が必要になりますので注意しましょう。

資格の重要性

これら主な2つの資格は、絶対に必要ではないにしても、取得しておくと技術があることの証となるものです。国家資格ではありませんが、それでもある程度の技術と知識を持っているというアピールになります。

もちろん何も資格がなくてもエステを開業できますが、他のエステとの差別化をするためにも、技術の証として取得しておくのも良いでしょう。

独学で勉強して経験を積むことでも、エステティシャンになることができます。それでもエステ業界というのは、口コミが大きな力になります。誰かひとりでも不満があれば、エステの評判を傷つけることになりかねません。

きちんと技術を学び、必要な知識を付けておくことは、エステを成功させるために必ず必要なことです。

個人事業主の開業届書

国家資格は必要ないということは理解できたと思いますが、個人事業主として開業するのであれば届け出が必要になります。開業してから1ヶ月以内に、税務署に行き個人事業主の開業届書を提出します。

毎年の確定申告の際に必要になりますので、忘れないように届け出をしておきましょう。確定申告は白色申告と青色申告の2種類から選ぶことになりますが、青色申告の方がたくさんメリットがあります。

今はクラウド型の会計ソフトも利用できるので昔より簡単ですし、青色申告を選んでおくと控除される費用が多くなります。これらの準備をしておくとスムーズに開業できるので、開業前から準備を進めておきましょう。

準備5:集客につながる宣伝とオープン準備

image

エステを開業するために必要な準備ができたら、さらに進んでオープンに向けた準備を始めます。それは集客をしていくということで、お店を広めて新たな顧客を確保していくためには、大切なステップになります。

しかしこの集客は、開業した後に大きく立ちはだかる壁でもあります。自分のエステを多くの人に知ってもらうことは必要ですが、資金が限られている中で広告を掲載したり、DMを配布するのは難しいからです。

そこで注目したいのが、口コミが持っている力です。個人で広告を出し続けたり、宣伝費をかけ続けることには限界があるので、口コミでエステの評判を広げることができるように考えていきます。

そのためには、オープンする段階でお客さんの心をつかみ、また来たいと思ってもらえる、魅力があるエステにする必要があります。ホームページやブログなど使って、口コミを投稿してもらうのも1つの方法です。

SNS

口コミでエステの評判が広まって、多くのお客さんが集まるようにするには、まずは自分なら「どんなエステであれば友達にすすめたいか」を考えてみましょう。

友達にもすすめたいメニューがあったり、雰囲気が良いエステがあれば、友達にも紹介したいと思ってしまうものです。そのようなエステにするために準備し、最初から魅力的なメニューを準備しておきましょう。

友達にもすすめたいメニュー

さらに、一度来店してもらったお客さんのデータを残しておきます。どのような身体の悩みを持っていて、その日に何の施術を行ったかというデータから、平均利用金額や累計利用金額などのデータを取っておきます。

お客様のデータをとる

こうしたデータを集めると、どのような時にどのようなメニューが喜んでもらえるのか、はっきりと分かるようになります。お客さんから言われる前にアドバイスできれば、徐々にリピーターが増え、魅力的なエステになるでしょう。

準備6:開業後の資金について再確認する

image

ここまでエステを開業する準備ができたら、最後に開業した後の資金について再確認しておきましょう。必要な経費はある程度計算していると思いますが、もう一度本当に資金が足りているのか確認します。

可能な範囲で開業にかかる経費を節約して、開業後の運転資金に回すこともできます。たとえば広告は、今ではインターネットのSNSやブログなどを使うことで、費用も抑えつつ宣伝することができます。

最初から順調にお客さんが来てくれるわけではないので、運転資金は絶対に必要です。オープンの数か月後から利益が出るのが普通ですので、赤字の期間がしばらく続くことを前提として、準備しておく必要があります。

賃料がいくらなのかによっても異なりますが、最低限、数か月分の運転資金を用意しておきましょう。自己資金を準備する時や、融資を受ける時に、開業してからの運転資金をしっかりと含めて計画しておきましょう。

まとめ

あこがれのエステをオープンするには、多くの準備が必要です。ですが、たくさんの準備をしっかり行うからこそ、開業した後に成功することができます。魅力的なエステを開業するために、1つずつ準備をこなしていきましょう。

「お客さんに魅力的なエステだと感じてもらうために、何ができるのか?」という観点で考えて、楽しく開業の準備を進めていきましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装デザインの事例・お客様の声・人気の記事

担当者

野村 晃正

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ