ケーキ屋に最適な面積と内装のポイント

広くて立派なケーキ屋に憧れるものの、現実的には狭いケーキ屋が精いっぱいということもあるでしょう。

お店が狭いと内装にこだわれず、営業も難しいのではと心配かもしれませんが、店舗面積は営業や内装に影響するのでしょうか?

ケーキ屋の面積は狭くても大丈夫

結論からいうと、ケーキ屋の面積は狭くても問題ありません。むしろ、ケーキ屋は狭いほうが営業しやすいです。

ケーキ屋は、基本的にケーキに的を絞った販売店です。また、店内でお客様が長居して商品を買うスタイルではありません。

狭い面積では回転率が悪くなる、お客様の居心地が悪くなると考えて、面積を広くする必要はありません。

面積が広いと、それだけ多くの商品を置かなければいけません。大量に商品を扱うと、廃棄というリスクを負うことにもなりかねません。

店内は狭めで、いつでも商品が充実しているように見せるのが、ケーキ屋のポイントです。

ケーキ屋の面積を広くしたい場合

もちろん、面積が広いケーキ屋にすることも可能です。

店内製造のケーキ以外に、賞味期限の長いお菓子を仕入れて一緒に販売したり、雑貨なども並行して扱うような店は、扱う商品が多くなるため店舗面積も広げるべきです。

ただし、ケーキ以外のものを扱うとなると、それだけ仕入れなどの管理が増えるため、営業は忙しくなってしまいます。ケーキ作りに悪影響が出るほど、営業の幅は広げないほうがよいでしょう。

また店内に飲食スペースを確保したい場合も、広めの面積が必要です。

結局のところ、店内をどれくらいの面積にするかは、自分がどういうケーキ屋にしたいかという理想から逆算して決めることが大切です。

面積の大小は内装に影響するか?

器の美しさが料理に影響するように、ケーキをディスプレイする店内の内装も販売に大きく影響します。

できることなら、理想どおりの内装にこだわりたいものの、面積が広くなると内装費用が高くなってしまうのではないかと心配でしょう。

しかし、多少の面積の違いならば、全体にかかる内装費用には大きく影響しません。なぜなら多少広くなったところで、人件費や材料費、運搬費などには違いが出ないためです。

もちろん大幅に面積が広くなって、工事の内容も増えれば内装費用も大きく上昇しますが、ちょっとでも狭いほうがお得だと勘違いして物件を選ばないようにしましょう。

最適な店舗面積や内装は、まずは自分がどんなケーキ屋を作りたいのかをしっかり考えるところから始まります。作りたいお店によって、目指すべきポイントは違ってくるのです。

内装やデザインは自分のアイデアだけでは難しいこともありますので、専門の内装業者の知識や経験も借りて、理想のケーキ屋を作りましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装デザインの事例・お客様の声・人気の記事

担当者

野村 晃正

セキュリティ対策

当サイトの接続は、Secure Coreによって保護されています。


無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ