洋菓子店の内装に必要なデザインとは?

人気の洋菓子店を見てみると、どのお店も、内装のデザインからだけでも美味しさや甘さが伝わってくる気がしませんか?

それだけ、お店の内装も洋菓子の美味しさに関わる重要な要素ということです。

思わずお店を見る人たちが、雰囲気に惹かれて洋菓子を買いたくなってしまうような内装というのは、どのようなデザインなのでしょうか?

清潔感のあるデザインが重要

まず大前提として、洋菓子店に限らず食品を扱う店舗として絶対に守っておきたい内装のポイントは、清潔感のあるデザインにするという点です。

汚い話になりますが、高級店でも大衆店でも店内にネズミやゴキブリがいそうなイメージを持たれてしまったら、営業は続けられません。

店内スペースはもちろん、調理スペースも見えないからといって妥協してはいけません。店内スペースから調理スペースを見えるデザインにすると、見る人に安心感を与えることもできます。

またパティシエが調理しているところをお客様から見えるようにすると、調理の姿が珍しくて集客の目玉にもなります。

親しみやすい雰囲気のデザイン

洋菓子店は小さいお子さんから大人まで、みんなが甘いスイーツを楽しもうと訪れるお店ですから、誰もが気軽に訪れやすい、親しみある雰囲気のデザインにしましょう。

高級志向の洋菓子店もありますが、それは例外として、基本的にはご近所のお友だちの家に行くような感じで、気軽に立ち寄れるような雰囲気を目指すべきです。

高級感を持たせてしまうと、初めての人は入りにくくなります。

また、可愛らしくし過ぎるのも要注意です。お客様は女性客だけとは限りませんので、女性のイメージが強すぎると男性客は入りにくくなってしまいます。

親しみやすいデザインと可愛らしいデザインは違います。

洋菓子を効果的にディスプレイする

洋菓子店を訪れたら、ディスプレイにずらりと並ぶお菓子たちにワクワクすることでしょう。洋菓子店にとって、商品もまたお店の雰囲気を高めるインテリアの1つとして活躍しています。

また、商品を陳列する棚、平台などを工夫することも大切です。洋菓子店は店内スペースのサイズに限らず、ほとんどを商品陳列スペースとして利用します。

ただし、たくさん陳列スペースを作ったのに、並べる商品が少なくてスカスカになっているとお店の雰囲気が悪くなります。

あまりお店を大きくし過ぎると、商品もそれだけ作って置かなければいけませんので、店内スペースは小さいほうが営業しやすいです。

内装のデザインはプロの分野ですから、自分のイメージを大切にしつつもプロの内装業者に頼んで工事してもらうのが基本です。

自分のイメージを再現してくれる業者を探して、理想通りなだけでなく、営業もうまくいく洋菓子店を作りましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積もり比較

内装工事の施工例・お客様の声・運営会社・更新情報

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ