物販店の内装工事にかかる費用や坪単価

物販店の内装工事にかかる費用は、飲食店と比べると安くなりますが、具体的にどれくらいの費用がかかるかご存知でしょうか?

物販店が内装費用を抑えられるといっても、逆に飲食店より費用がかさんでしまう部分もありますので、物販店の内装工事の特徴を知っておきましょう。

物販店の内装工事の坪単価

物販店には厨房が必要ないため、厨房機器やそれに伴う換気設備、防水工事等が必要ありません。そのため物販店は内装費用が安くなりますが、逆に費用がかさむ部分もあります。

物販店の内装費用がかさむ部分は、バックヤードと呼ばれる売り場以外の場所です。内装費用が抑えられる反面、賃貸面積が広くなるため店舗の賃料が高くなります。

物販店の内装費用は飲食店より安く、一般的な坪単価は10万円から30万円程度です。ただし上を目指せばキリがなく、内装のグレードによっては坪単価が50万円以上に跳ね上がることもあります。

安くしたければ居抜き物件を検討

物販店の居抜き物件は、比較的多く存在しています。バックヤードの面積をしっかり確保できるのであれば、どんな居抜き物件でも大丈夫です。

居抜き物件は流用できる部分が多く、もし元々が飲食店だったとしても、厨房部分を少しだけ改装してスタッフの休憩室に利用することもできます。

近年ではおしゃれな居抜き物件も多く、好みのデザインの居抜き物件があればなお良いでしょう。おしゃれな居抜き物件を選ばば、工事費用を抑えられるだけでなく、デザイン料も安く済みます。

内装工事の費用を抑えて、資金に余裕を持って物販店の開業をしたい方には、居抜き物件がおすすめです。

スケルトン物件の方がお得な場合

一般的に言われている情報では、確かに居抜き物件の方が安く仕上がります。しかしこれはケースバイケースで、状況次第ではスケルトン物件の方が内装費用が安くなる場合もあります。

居抜き物件とスケルトン物件を両方考えている場合は、両方の見積りを出してもらうのが良いでしょう。スケルトン物件の方が安く仕上がるのであれば、理想的だと言えます。

費用を抑えたい方も、資金に余裕がある方も、相場を知っておくことは大きな武器になります。一度現状を見直して、上記の内容を参考にしてください。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積もり比較

内装工事の施工例・お客様の声・運営会社・更新情報

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ