花屋と一般店舗の内装デザインの違いとは?

花屋も小売店の1つですが、生きている花を扱うため、洋服店や雑貨店と同じような内装やデザインではお店になりません。

具体的には、花屋と一般店舗ではどんな違いがあるのかを比較してみましょう。

花屋には花を美しく保つ内装が大切

まず花屋と一般店舗との大きな違いは、お店自体が何に合わせた内装であるかという点です。

洋服や雑貨を扱うような一般の店舗であれば、お客様が店内で快適にのんびりと買い物を楽しめるような内装にする必要がありますので、人間に合わせた空調や照明などが求められます。

一方の花屋は、花という生き物を扱うお店になります。花は温度や湿度、光にとても敏感で、人間に合わせた内装では品質を損ないかねませんので、花に適した空調や照明にする必要があります。

花を扱うための専用設備も不可欠

花という生き物を扱い、作業するための設備が店内スペースに必要となり、内装は一般の店舗より複雑となります。

一般的な小売店は、商品を陳列するディスプレイ設備と、会計をするレジ設備、最低限この2つの物さえあれば営業できますが、花屋には花を美しく保つために冷蔵庫が必要です。

冷蔵庫の種類にも、販売スペースではディスプレイにもなるガラス張りのフラワーキーパーと、裏方で花を保管しておくために必要なストッカーの2つのタイプがあり、いずれも大型で設備代も電気代もかかります。

また花を注文に応じてカットしたり、デコレーションしたりする作業台も必要です。その他、花に重要な水道設備も必要になります。

花屋には過度なデザインは不要

一般の店舗では、内装やデザインがお店のイメージを大きく左右するため、それぞれが個性を持たせて雰囲気を演出しています。花屋でもお店の個性は大切ですが、一般店舗ほど過度なデザインは必要ありません。

なぜなら、花という商品が十分にお店の雰囲気を盛り上げてくれるからです。たくさんある花が店内をにぎわせてくれるので、店内は清潔感を持たせて素朴にまとめれば十分です。

ただし、内装の素材にはこだわったほうがよいでしょう。花が美しくても、植木鉢が味気なければ花の魅力を損なうのと同じです。

花屋は小売店の中でも特殊な店舗です。専用設備や水道関係の工事があるので、内装工事のプロにお願いする必要があり、一般店舗ほど自分でDIYして作り上げるのは難しいです。

土台は業者にしっかり作ってもらい、あとは自分のイメージをもとに花を展示して、素敵な店内に仕上げていくとよいでしょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装デザインの事例・お客様の声・人気の記事

担当者

野村 晃正

セキュリティ対策

当サイトの接続は、Secure Coreによって保護されています。


無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ