美容室の開業のための6つの準備

自分の美容室を持つことを、最終的な目標としている美容師の方も多いと思いますが、開業の準備はワクワクする作業ですよね。

準備を始める前に、どんな手順で美容室を開業すれば良いのか知っておくと、スムーズに開業することができます。美容室の開業で失敗しないために、美容室の開業のための6つの準備について見ていきましょう。

準備1:美容室のイメージを決めておく

image

美容室といっても、イメージはお店によって様々です。スタイリッシュな美容室、ナチュラルな雰囲気の美容室、カットの技術で勝負する美容室など、美容室にはたくさんのイメージがあります。

美容室のイメージ

その中で、自分が開業したい美容室のイメージを固めていくことが必要です。イメージの中には、どのエリアに出店して、どんなコンセプトの美容室にするのかなども含まれます。

たとえば、最近よく見るカット料金の安い美容室であれば、内装はシンプルでも良いため、少ない資金で開業できます。メニューの数も少なくして、カットする回数を多くすることによって、利益を得ていきます。

逆にパーマなどがメインになる美容室であれば、パーマなどのメニューも増えるでしょうし、1人当たりの単価は高くなります。その分お客様の数は少なく、1人当たりの単価を高くするなど、狙いも大きく変わります。

このように美容室のコンセプトやイメージは、開業の準備に大きく影響を与えるので、早い段階でコンセプトを決定しておくと良いでしょう。そのコンセプトによって、どれくらいの規模の美容室にするかが決まってきます。

金額が低く、数をこなすというコンセプトであれば、メニューも少なく、スタッフも少なくても良いでしょう。座席の数が多くなくても、順番が来るまで待っていてもらい、あまり時間をかけずにカットすることで効率よく回します。

多くのメニューがある美容室の場合には、座席を多めに設定して、パーマなどで待っている間に、別のお客様のカットやシャンプーをしていく必要があります。単価は高くなりますが、その分のスタッフも必要です。

項目普通の美容室カット専門店
内装こだわるシンプル
メニュー数多い少ない
カット回数少ない多い
客単価高い安い
スタッフ数多い少ない
座席数多い少ない
コンセプト単価を高くして利益を得る金額を低くして数をこなす

美容室のイメージを決めていけば、どれくらいのスタッフが必要なのかなど、経営に大切なポイントも決まっていきます。

準備2:どんな物件で美容室を開業するか?

image

自分が開業したい美容室のイメージが決まれば、次は物件選びに移っていきます。どこに美容室を開業するかは、その後の成功を大きく左右するので、物件選びは本当に重要です。

ですがその前に、物件の周りにどんな美容室があるのかを調査しましょう。ライバル店が、どんなコンセプトでお店を出しているのかを、事前に確認しておく必要があります。

できるだけ周りの環境を調査してから、出店を決めることが大切です。周りに似たコンセプトのお店が無ければ、そのエリアで繁盛する可能性が高くなりますので、物件を早く決めたい気持ちを抑えて調査しましょう。

物件選びのポイント

ある程度の立地の候補が決まれば、あとは物件を探していくことが必要です。物件には大きく分けて、以下の2種類のタイプがあります。

居抜き物件

居抜き物件は、以前に使われていた設備が残っている物件のことです。

その場所が以前美容室として使われていたので、設備をそのまま使えるというメリットがあります。必要になる工事は内装のイメージチェンジだけなので、工事費用が少なくて済むという点では、大きなメリットがあります。

しかし、美容室として経営していくのが難しい立地だったという可能性も、考慮に入れておかなければなりません。資金面ではメリットがあったとしても、立地条件としてはどうなのかも確認してから、物件を選びましょう。

  • 居抜き物件は工事費用が少なくて済む
  • 美容室として立地が大丈夫かチェック

設備が新しければ、造作譲渡の契約が必要になりますが、その際は設備がちゃんと使えるかを確認してから契約しましょう。もしちょうど良い物件を見つけることができれば、居抜き物件は資金面で有利です。

スケルトン物件

物件を選ぶもう1つの方法は、スケルトン物件です。スケルトン物件の場合は、内装や設備が何もない状態ですので、自分で一から美容室を作らなければなりません。

イメージ通りの内装を設計し、必要な設備を購入し、導入するというところから始めていくのがスケルトン物件です。居抜き物件と違い、自分のイメージにしっかり近づけていける点がメリットです。

もちろんその間も家賃を払う必要があったり、設備の購入に資金をかける必要もありますが、新しい内装やデザインによって、美容室のコンセプトをしっかりと打ち出していくことができます。

美容室は技術だけでなく、立地やお店の雰囲気も重要ですので、スケルトン物件から開業して、自分の美容室のコンセプトを前面に出していくのも良いでしょう。

準備3:美容室の開業に必要な資金の確保

image

開業する時に必要な資金を、自己資金だけでまかなえる人は少ないでしょう。

開業資金で必要になるのは、内外装の工事費用、設備機器の購入費用、最初の商材を購入する段階で必要になる資金、開業後に必要な運転資金なので、どのように確保するか考えておく必要があります。

開業後に必要な運転資金

自己資金がいくらかあると思いますので、必要な資金との差額を計算して、融資を受ける金額を決めていきます。融資を受ける時には、日本政策金融公庫から借りる方法と、銀行から借りる方法の2種類があります。

日本政策金融公庫は、国の金融機関で創業時の融資も積極的に行っているので、融資を受けやすいと言えます。誰でも融資を受け取ることができるので、美容室の開業には日本政策金融公庫を利用するケースが多いです。

しかし融資を受けるには、事業計画書をしっかりと書いて提出する必要があります。どのような動機で美容室を開業したいのか、経歴やサービスを提供する時のポイントなども含めていく必要があります。

もちろん完璧な事業計画書を書いたからといって、融資が受けられる保証はありません。それでも考え抜かれた事業計画書は、いかに美容室を開業するために努力しているかをアピールすることができます。

銀行から融資を受ける場合には、担保が必要になります。こちらの方法を使えるのは、紹介やツテをたどってという場合に限られるでしょう。

準備4:内装工事や設備とスケジュール

image

物件が決まり、資金も確保できたら、内装工事や保険のことも考え始めましょう。

経営者に万が一のことがあったり、賠償責任が生じたりする時に保険が役立ちます。火災などの予期せぬ事態もありますし、薬品などで施術中にお客様の服や身体を傷つけてしまうことも考えられます。

保険

色々なケースで保険が必要になりますが、リスクを考慮した上で、本当に加入する必要があるかを考えます。責任が大きくなると、必要な補償額も多くなるので、調べて保険に入っておくと良いでしょう。

設備の購入

経営するのに必要なことは保険だけでなく、設備を購入することも必要です。工事をする前に、どの設備を入れるか考えておく必要がありますので、美容ディーラーなどと相談して設備を決定していきます。

美容ディーラーは美容メーカーから商品を仕入れて、それを美容室などに卸しています。商品を売るだけでなく、セミナーなどの活動をして、美容室の経営をサポートしてくれる美容ディーラーもあります。

美容ディーラーでは、美容室に必要な物のほとんどが取り扱われています。どの商品がおすすめなのか、また自分が使いやすい商品はどれなのか、しっかり吟味して商品や設備の購入を進めましょう。

内装工事

その後の流れとして、内装工事をして店舗を作っていくことになります。その際は相場価格も把握した上で、工事のスケジュールにも注意しましょう。

小さな工事業者に内装工事や設備の設置をお願いすると、スケジュールが遅れる場合もあります。色々と事情があるにしても、すでに開店日が決まっていれば、スケジュールが遅れるのは避けたいものです。

内装工事を進めていく時に必要なのは、スケジュールをしっかり伝えて、交渉を進めていくことです。電気屋、内装屋、大工など、多くの職人さんが関係しますし、購入した設備や備品を搬入する必要もあります。

ある程度の規模で、しっかりした工事業者であれば、エクセルなどで作成した工事の工程表を出してくれます。ただし、リフォームや居抜き物件の改装など、小さな工事では工程表を出さないこともあります。

その順番やスケジュールが、予定通りに進んでいるのかも気を付けておきます。順番を把握しておき、どのタイミングで搬入を進めるのか、それに合わせて職人さんの工期が間に合うのかを考えます。

工事の工程表

工期を延ばすのは簡単ですが、決まった日にちまでに工事を終わらせるのは難しいのです。職人さんとよくコミュニケーションを取り、できるだけ短い工期で終わらせることができるように、調整を進めていきましょう。

準備5:宣伝して美容室を知ってもらう

美容室がオープンしても、誰もお店のことを知らなければ意味がありません。できるだけ多くの人に新しい美容室についてお知らせして、周知を進めることが必要です。

その相手には、以前の勤務先のお客さん、友人、知人、親戚なども含まれます。多くの人に自分の美容室のコンセプトや魅力を知ってもらい、実際に利用してもらうことで、リピーターを増やすことができます。

今はインターネットがあるので、以前よりも集客方法はたくさんありますが、集客するためにどんな方法を用いることができるでしょうか?

ホームページ・SNS

今はインターネットやスマホが普及しているため、これらの方法が1番効果的と言っても過言ではありません。

スマホで見て、ブログを見てなど、インターネット上で美容室を見てから店舗に足を運ぶ人が多くなっています。お店の雰囲気やサービスも知ってもらうことができるので、積極的に活用すると良いでしょう。

無料で始めることができるブログのサービスもたくさんありますので、最初はそれらのサービスを活用するのも良いでしょう。

また、SNSで告知をするのも効果が出る方法です。

SNS

インスタグラムやフェイスブック、ツイッターなどで、キャンペーンの情報を告知していくと、徐々に広まっていきます。最初は思うように拡散しなくても、定期的に更新することが、多くの人に伝えるためのポイントです。

紙の媒体・DM

今でも効果的で忘れてはならないのは、紙の媒体を使って広告する方法です。

新聞やフリーペーパーに広告を出すと、ファミリー層や高齢者層にもお店を知ってもらうことができます。インターネットだけでは届かない層にまで、情報を伝えることができるので、効果的な方法と言えます。

配布エリアを絞って、販促したいポイントを絞って広告を出すと、より良い効果を出してくれるでしょう。紙を使ったDMの宣伝としては、空いている時間などに、近所にポスティングをするのも効果的です。

新聞 フリーペーパー DMのポスティング

近所の人や、できるだけ多くの人にお店のことを知ってほしいと思いますが、最初は資金も限られています。自分で作ったチラシをポスティングするのも、お店を知ってもらうためにできることの1つです。

準備6:保健所の検査や開設届を忘れずに

美容室を開業する前に、保健所に相談することも必要です。

美容室の設備や衛生管理については、必ず保健所のチェックを受けなければなりません。後で面倒なことにならないためにも、事前に保健所に相談して、必要な書類や記入方法などを確認しておきましょう。

また、最初に開設届を提出しておくことも必要です。開設検査をして、検査に合格すれば確認書類を受け取ることができるので、これでようやく美容室を営業できるようになります。

美容室の開業の流れ

他に注意する点は、2人以上の美容師が店舗で仕事をする場合は、1人以上の管理美容師がいなければなりません。人を雇う時は必要になる資格ですし、講習会は年に2回しか開かれないので、間に合うように参加しましょう。

複数の店舗を開業するのであれば、従業員にも取得させておく必要があります。開業するのが1店舗だけでない時は、こうした資格についても考慮しておくと、後でバタバタすることがなくなります。

まとめ

あこがれの美容室を開業するには、多くの作業と準備が求められます。もちろんすべての準備が必要になりますが、こうして事前に必要な手順や情報を集めておくことが大切です。

美容室を繁盛させるためにも、できるだけ周到な準備をしてから開業しましょう。開業に向けてしっかりと準備しておけば、開業した後も安定して経営していくことができます。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装デザインの事例・お客様の声・人気の記事

担当者

野村 晃正

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ