美容室の電気工事で注意すべきポイント

美容室ではドライヤーやパーマ器具など、様々な部分で電気を使います。新しく美容室を開業する場合でも、現在の美容室を改装する場合でも、美容室にとって電気工事は最も注意したいポイントです。

初期で想定しておけば、後で追加工事をしなくても済みますので、安易に電気工事をする前にこちらをチェックしておきましょう。

照明や電気容量に注意して工事する

これから開業を考えている場合は、長期的な視点を持って電気工事を行いましょう。

照明1つとっても、蛍光灯とLEDでは1か月あたりの電気代に相当な差が生まれるので、初期の工事で導入したいですね。LEDは低消費電力で長寿命のため、初期費用は高くなりますが、将来を考えれば確実にお得です。

また、ドライヤーの電気容量にも注意しましょう。

電気容量を含めた電気工事は、開業当初の美容機器に基づいて設計されています。一般的な1200Wのドライヤーだけでなく、さらに上のW数まで想定した設計にしておくことが大切です。

美容室はエアコン選びが重要

美容室を利用するという方は、自身のケアはもちろんですが、快適に施術してほしいと思っている方がほとんどです。

美容室では熱源となる機材がたくさんあるため、一般家庭用のエアコンでは夏場は蒸し風呂状態となり、お客様に不快感を与えます。電気工事を依頼する際は、エアコンについてしっかりと打ち合わせしましょう。

少しでもエアコンにかかる費用を安くしようと思って、家庭用エアコンを数台設置するよりも、業務用エアコンを1台導入した方が安くなる場合もあります。

何よりお客様に快適な空間を楽しんでもらうためにも、ドライヤー等の熱を想定してエアコンを選ぶことが大切です。1台では小さい熱量だとしても、1度に何台も起動すれば大きな熱量になります。

電気容量は想定より大きくしておく

安易に電気工事を行ってしまうと、後で電気容量をグレードアップする必要が出てきたり、最悪の場合は火事にすら発展します。

長く経営するにあたって、設備の拡充や電気の使い道が増える可能性がある場合は、事前に業者に相談しておきましょう。初期で想定しておけば、後で追加工事をしなくても済みます。

後から追加で電気工事を行う状況になれば、営業も休まなければいけませんし、追加の工事費用もかかります。経営に大きな打撃となるだけでなく、お客様にも迷惑をかけることになります。

美容室の電気工事は非常にデリケートで難しく、想定外の事態になったケースもたくさんあります。事前に入念な打ち合わせをし、美容室の電気工事に詳しい業者に依頼するようにしましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装デザインの事例・お客様の声・見積書の事例

担当者

最新の見積り依頼

  • 2018年4月24日
    千葉県松戸市 焼肉屋
  • 2018年4月24日
    福岡県久留米市 インド料理
  • 2018年4月24日
    埼玉県和光市 美容室
  • 2018年4月23日
    神奈川県藤沢市 美容室
  • 2018年4月22日
    沖縄県宮古島市 居酒屋
  • 2018年4月21日
    埼玉県久喜市 中華料理
  • 2018年4月21日
    埼玉県所沢市 美容室
  • 2018年4月20日
    東京都中央区 バー
  • 2018年4月20日
    愛知県名古屋市 定食屋
  • 2018年4月19日
    福岡県朝倉市 居酒屋
  • 2018年4月18日
    東京都町田市 イタリアン
  • 2018年4月18日
    東京都杉並区 フィットネス
  • 2018年4月18日
    東京都千代田区 サロン
  • 2018年4月18日
    神奈川県横浜市 バー
  • 2018年4月17日
    東京都中央区 オフィス
  • 2018年4月16日
    東京都豊島区 バー
  • 2018年4月16日
    埼玉県秩父市 居酒屋

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ