美容室の開業に利用できる補助金や助成金

独立して自分の美容室を開業したいと考える人はたくさんいらっしゃいますが、機器や備品の購入から内装工事まで、開業するためには多額の資金が必要となります。

そこで、ぜひ利用していただきたいのが、国からお金が支給される補助金と助成金という制度です。

誰でももらえる助成金と補助金

補助金は条件を満たして審査を通ること、助成金は労働保険に加入すること、この2つを満たせば誰でも助成金と補助金をもらえます。

労働保険への加入は、従業員を雇っているお店であればクリアしているはずです。補助金は助成金と比べて少しハードルが高いですが、銀行や信用金庫からの融資に比べれば格段に簡単です。

どちらのお金も借入ではなく支給なので、返済義務が無いことが最大の特徴です。助成金と補助金は種類もたくさんあるので、思いもよらない形で補助金をもらえる可能性もあります。

キャリアアップ助成金

キャリアアップ助成金正社員化コースについて、厚生労働省のホームページでは、有期契約労働者等を正規雇用労働者や多様な正社員等に転換などと難しく書かれています。

簡単にいえば、6ヶ月以上の雇用実績があるパートさんや契約社員を正社員にし、さらに6ヶ月継続して雇用すると、キャリアアップ助成金正社員化コースの助成金をもらうことができます。

正社員化コースや人材育成コース、処遇改善コースなど、3種類に分かれているのが特徴です。

美容師は勉強の期間も非常に長いため、ほとんどのお店で適用できる制度でしょう。もしよく分からない場合は、社会保険労務士に相談するのも1つの方法です。

職場定着支援助成金

職場定着支援助成金は、新しい役職手当を作った時や、10時間以上の教育訓練を設けて従業員が定着した場合に支給されるお金です。

昇進や昇格制度を設けたり、通勤手当などを適用した場合は10万円が支給されます。研修制度を導入したり、健康づくり制度と呼ばれるものを設けた場合も10万円がもらえます。

他にも様々な助成金がありますが、これらを導入して離職率を低下させた場合には、目標達成助成として60万円もの金額が支給されます。

美容室では評価制度を導入することも多いため、導入しやすいのが利点です。まさに美容室、サロンに向けた助成金だといえるでしょう。

美容室の環境に適した補助金や助成金は、調べてみると意外とたくさんあります。既に制度を利用している店舗でも、これから利用する店舗でも、等しくもらえるチャンスがあります。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<東京・神奈川・千葉・埼玉に対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 内装工事の費用を月々の支払いにできます。
  • 厨房機器や備品が初期費用0円で揃います。
  • 運転資金を多く残して、安全に起業できます。

0円起業の無料相談

内装デザインの事例・お客様の声・人気の記事

担当者

野村 晃正

セキュリティ対策

当サイトの接続は、Secure Coreによって保護されています。


無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ