美容室の開業で銀行融資を受ける際のコツ

様々な知識を学び、技術も身についてきた美容師や理容師の方であれば、独立して自分の美容室を開業したいと考える方も多いでしょう。

中には自分の美容室を開業するために、銀行融資を検討している方もいると思いますが、銀行融資には注意点や条件があります。

自己資金はなるべく多く用意する

美容室の開業には、自己資金をどれだけ用意できるかが大切です。自己資金は自分で用意したお金はもちろん、親族や友人から援助してもらう金額も含まれます。

自己資金が多いほど銀行からの借入額は減り、返済額も少なくすみます。返済額が少なければ完済の見込みも高まりますし、多くの自己資金を用意したことが信用にもつながります。

こういった理由で銀行も融資を快諾しやすくなり、スムーズに融資が下りるようになります。

自分の経験をしっかりと伝える

今まで経験を積んできた年数も大切で、ベテランであればあるほど信用につながります。実績や経験は自己資金と並ぶくらい大切であり、特に美容師のような技術が必要な職業であればなおさらです。

さらに今までどんな経験をしてきたのかも、重要なポイントです。接客や技術はもちろんですが、これからは経営者になるわけですから、経営にいかせる経験があれば評価がプラスになります。

金銭管理やスケジュール管理など、いろいろな経験が生かせるので、独立前から少しでも評価につながる経験をしておきましょう。

個人信用情報をクリーンにする

これは経営者であれば絶対に必要な条件ですが、個人信用情報がクリーンな状態でないといけません。

個人信用情報がクリーンである条件は、過去5年以内に債務整理を行っていないことや、2年以内に消費者金融から借入をしていないことなど様々です。

公共料金の支払いに滞納がないか、税金や年金の支払いに滞納がないかなどもポイントになり、金銭の信用問題は非常にシビアなものとなっています。

多額のお金を借りようとしているわけですから、返済能力や責任感がないとみなされてしまえば、当然融資してもらえません。お金の管理や、お金に対する責任感は、経営者として大切な要素です。

  • 5年以内に債務整理していないこと
  • 2年以内に消費者金融から借入していないこと
  • 公共料金の支払いに滞納がないこと
  • 税金や年金の支払いに滞納がないこと
  • お金に対する責任感を見ている

もし上記のいずれかに心当たりがあれば、すぐに融資を申し込まず、まず個人信用情報をキレイにして、少し時間を置いてから融資を申し込むようにしましょう。

開業したいと思ってもすぐにできないのが、経営の難しいところです。この機会に一度自分の状況を確認してみましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積もり比較

内装工事の施工例・お客様の声・運営会社・更新情報

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ