美容室の開業費用を節約する3つの方法

美容室はお店のデザインに様々な工夫を凝らすことが多く、見た目にこだわった店舗の場合は開業費用がたくさん掛かります。

シンプルな内装であれば開業費用も低く抑えられますが、お金を掛けないと野暮ったくなる事も往々にしてあるもので、そのあたりのバランスを計りつつ節約する方法を3つご紹介します。

見積り比較サービスを利用する

まず美容室で開業費用を節約する方法としておすすめなのは、インターネット上で提供されている「内装業者の見積り比較サービス」を利用する事です。

これは全国の様々な内装業者が登録しているサービスで、当サイトもそうですが、この手のサイトはたくさん存在します。

いずれも無料で利用できる上に、一度に複数の内装業者の提案を比較することができますので、それぞれどのような内装になるかという提案や見積りを提示してくれます。

この手のサービスを利用すれば、一度に複数を比較できるため自然と業者間で価格競争が行われ、結果として大きくコストを落とすことに繋がります。

建材のグレードを落とす

続いての方法は、建材のグレードを落とす事もポイントとして挙げられます。

美容室は一般の店舗と比較して給排水設備や衛生設備の工事が多く、設備工事に掛かる費用が大きくなる特徴があります。この部分でのコストカットは難しく、仕上げの素材など、建材の方でグレードを落としてシンプルな内装にする必要があります。

例えば床にビニールタイル、壁にビニールクロスを仕上げの素材として用いれば安価になります。安い素材でも、ダイノックシートなどのように高級感を出せる素材もありますので、素材については工事業者と細かく相談しておくと良いでしょう。

居抜き物件を利用する

他の方法としては、居抜き物件を利用する事もポイントとして挙げられます。

居抜き物件の場合は、工事費用の多くを占める設備工事が不要になりますので、この部分で大きくコストを落とす事ができます。

その上シンプルな内装を希望するのであれば、工事費用をさらに落とすことができますし、既存の状態のまま内装を工事しなくても営業はできますので、とことんお金を使わずに開業することも可能です。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装デザインの事例・お客様の声・人気の記事

担当者

野村 晃正

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ