ビストロの内装に適した物件の選び方

ビストロの内装が合う物件を探している方や、これから探そうとしている方はたくさんいらっしゃると思います。

しかしビストロに合った物件を選ぶにしても、ある程度の指針や情報は必要ですから、そのポイントについて知っておきましょう。

イメージからかけ離れた物件はNG

本場フランスを意識したビストロであれば、木目調で暖かく、どこか懐かしい印象を受ける物件は適していると言えます。

しかし予算内でどうにか納めようとしたり、立地条件だけで決めてしまうと、ほとんどの場合はビストロに合わない物件になります。

極端な例ですが、中華料理店の入り口なのに、店内に入ったらビストロというのはおかしいです。似たような例として、大衆食堂が多い商店街に、高級感を全面に押し出した店舗は適していません。

適した物件を探す際に、まずはNGだと思う物件を除外していくことから始めると、自然と狙うべき物件のターゲットが絞れます。

コンセプトに合った物件を探し出す

飲食店である以上、地域の雰囲気や周辺の建物も自分のお店に合っているか、という点まで考える必要があります。

もちろん内装工事や看板工事等で修正できる箇所があれば別ですが、居抜き物件を選ぶ場合はもともとの状態が大切です。

外装あっての内装であり、逆に内装あっての外装でもあるため、思い描く店舗がその中に溶け込むかどうかをイメージしましょう。内装デザインを決める際は、一般的に外観との統一を計るため、これは非常に重要です。

イメージにぴったり合う地域と、イメージに合う外装の物件を見つけたら、いよいよビストロの内装工事へと着手できます。

温かみを演出する木目調の内装

本場フランスのビストロは、壁や天井が木目調で統一されており、テーブルや椅子もそれに合わせています。木目は空間の冷たい印象を抑え、全体的に暖かい空気や、くつろぎやすい空間を演出してくれます。

居抜き物件である場合は、もともとが木目調であれば余計な手を加える必要も無いので、一石二鳥でもあります。

高級ビストロでも、大衆向けの本場ビストロでも、木目調の内装には様々なメリットがあります。内装デザインにおいて一般的な正解はありませんが、ビストロは木目調に統一すると良いと覚えておきましょう。

ビストロというコンセプトが決まっている以上は、外装も内装もそれに合わせることが重要です。ちぐはぐにならず、ビストロのお店がその場所に溶け込むことができるのか?物件探しの際にイメージしてみましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積もり比較

内装工事の施工例・お客様の声・運営会社・更新情報

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ