集客できて繁盛するバルの内装デザイン

接客業や飲食店は内装デザインが命といっても過言ではなく、集客にも大きく影響を与えます。

バルは元々スペインやイタリアの軽食喫茶店であり、バルというお店には、お客様は普段の生活とは違った空間を期待しているのです。

では、バルはどのような内装デザインにすれば良いのでしょうか?

バルのコンセプトから内装を決める

バルは軽食喫茶店と言うこともあり、気軽に入れるというコンセプトで運営しているお店も多くあります。飲食店の激戦区でも売り上げを出している店舗は、コンセプトにぶれがありません。

たとえばスペインらしさのあるインテリアと、テーブル席を多く設けて賑やかな雰囲気を楽しめるバルもあります。また対面式にこだわってテーブル席を少なくし、カウンター席を多くしているバルもあります。

もちろん、お酒を提供しているバルはとても多く存在しています。こうしたお酒を楽しむ場では、カウンター席を設けることでお客様と会話ができます。

一品料理を味わいながら、好きなお酒を片手に談笑する方も少なくありません。ワインにこだわっているバルや、フラメンコのライブを楽しめるバルもある程です。

良い所だけを集めるよりも、人気のあるバルはコンセプトを1つに絞っており、それを集客に繋げているのです。

落ち着いて食事できる雰囲気も大切

上記に記したのは、本場の空気感を大切にしているバルの内装デザインでした。

しかし、料理の味にこだわりを持っている店舗では少し違ってきます。店内を木目調でシンプルに統一し、まるで家にいるかのような空間を提供しているバルもあります。

こうした店舗は料理の味をウリにした、通いやすい地域密着型のバルだと言えます。店内はシンプルですが、照明や空気、盛り付けなどで演出し、上品なバルとして展開しているのです。

海外の料理店と聞くだけで敬遠する人もいますので、内装はシンプルで落ちつける雰囲気にしましょう。外装は海外らしさを出しつつも、周囲の建物から浮かないようにしましょう。

コンセプトがぶれない事が大切

様々な飲食店がありますが、大切なのはこだわりとコンセプトがぶれない事です。

有名なシェフや店舗のインタビューが乗っている雑誌に目を通してみましょう。どなたもこだわりを持っており、何度失敗してもコンセプトを変更していないことが分かるでしょう。

経営を始めることがゴールでは無く、経営を始めたときがスタートです。売り上げが安定しているからと安心している間にも、周囲のライバルたちは常に努力を続けているのです。

こだわりを磨いてコンセプトを貫くことが、やがて集客や口コミにつながって、ひいては売り上げの増加にも繋がっていくでしょう。

本場の空気を重視するのか、食事がしやすい空間にするのか、バルの形は様々です。立地や予算を見直して、どういう店舗にするかを熟考してから内装を決めましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積もり比較

内装工事の施工例・お客様の声・運営会社・更新情報

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ