バルの内装工事費用を安くするポイント

おしゃれな軽食喫茶店であるバルは近年人気の業態ですから、開業しようとしている人も多いと思います。

バルの開業準備を進める中で最も気になるのは、やはり開業資金の半分ものウェイトを占める内装工事費用ではないでしょうか?

バルの内装工事費用の相場

一口に内装工事費用といっても、その内訳は多数の工事に分かれています。

接客業において大切な部分である空調工事や給排水工事も、ここに含まれているのです。内装の仕上げ等も、内装工事費用の一部になっています。

これらを坪単価に置き換えると、一般的なバルの坪単価は30~50万円程度です。こうした相場を知っておくことは経営者として大切であり、価格を交渉する際の武器にもなります。

特にお店を開業しようとする方は、業者に見積りを頼む機会も多くなります。一般的な相場を知っておき、見積りが高いのか安いのかを見極めましょう。

内装工事費用を安くするポイント

開業の方法は1つではなく、新装と改装という2つの方法があります。新装でお金がかかるからといって、提供する食品のグレードを下げたり、客席を減らさないように計画することが大切です。

居抜き物件を利用して改装すれば、必要以上にグレードを下げずに済みます。

内装工事費用をできるだけ安くしたいなら、居抜き物件を利用する以上に良い手段は無いと言えます。居抜き物件の最大のメリットは、残された空調や調理設備をそのまま流用できる点です。

しかし造作譲渡料金を支払って契約しても、既存の物がすぐに壊れてしまっては話になりません。使えるかどうかは素人では判断が難しいので、店舗専門の内装業者に見極めてもらいましょう。

メリットとデメリットと自分の理想

上記の通り、新装と改装では内装工事費用の差が明確に現れます。資金が潤沢にあるなら、新装としてゼロからスタートして、自分が理想とするお店を追求できるでしょう。

しかし、あまりにもこだわりが強すぎると、予定していた資金よりも多額の費用がかかってしまう事もあります。

無理をしてでも希望を叶えたいという気持ちも分かりますが、精神面への負担等を考慮すると、必要以上に費用をかける事は間違いとも言えます。半年程度の生活費は困らないように残しておき、経営にも支障が無いようにしましょう。

居抜き物件にも同じ事が言えます。いくら初期費用が安く済んだからとはいえ、そこから過剰に投資してしまっては元も子もありません。

バルは居抜き物件で流用できる設備が多く、焼肉屋などと比べて初期費用も安く済みます。こだわり抜くか安く仕上げるか、しっかりと自分の中で考えて見積りを取りましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積もり比較

内装工事の施工例・お客様の声・運営会社・更新情報

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ