狭さを活かしたカフェバーの内装デザイン

飲食店を経営したいと考えている方は多いですが、専門的な知識が必要となり難しい部分もあります。

こちらでは、新たにカフェバーを開業したいと考えている方に向けて、内装デザインに関するアドバイスをご紹介します。

カフェバーはコンセプトを明確にする

カフェバーとは喫茶店とバーを混ぜた業態ですが、内装デザインには多くの方が頭を悩ませます。

まずは自分の中で、最も理想的だと思うカフェバーをイメージしてください。それがコンセプトになり、内装デザインの基盤ともなります。

飲食店では配慮すべき部分も多く、お酒を扱う場合は特にコンセプトは明確にしておかなければいけません。喫煙は可能か、携帯充電の電源は確保するかなど、いろいろな要素があります。

開業したいという夢は素晴らしいですが、少しだけ立ち止まってゆっくりと考えてみてください。

狭さを活かした内装デザインにする

必ずしも大きなお店が良いわけではありません。狭さを活かしたカフェバーにすれば、親近感やアットホームな雰囲気を生み出すことも可能です。

バーの内装の基本として、客席に一定の間隔をあけてお客様の不快感をなくす必要があります。そしてお店が狭いということは、このデメリットをメリットに変えることができるのです。

狭さとコンセプトに基づいた内装デザインを心がけて、知らない人同士が食事やお酒を楽しめる、新しい交流の場としてスペースを提供しましょう。

また床や壁を木目調で統一し、温かみを感じさせるのも良いでしょう。照明を少し明るくして、活気のある元気なカフェバーとして演出するのも良いでしょう。

お客様の利用動機を考える

上記のことを掘り下げていくと、お客様の利用動機が浮かんできます。知らない人同士でお酒を楽しみたいというのは、お客様の十分な利用動機となります。

お店が広くないとしても、お客様の中心に厨房を置くことで、お客様との接点を持つこともできます。店長と身近に会話が楽しめるというのも、立派な利用動機となりますね。

狭いイコールデメリットではなく、どうやってメリットに変えるかを考えることが、内装デザインで成功する秘訣なのです。

コンセプトや店舗の広さ、そして利用動機は飲食店において重要な部分です。お店は大きくないとダメという先入観を捨てて、自分だからこその演出を考えてみましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装デザインの事例・お客様の声・人気の記事

担当者

野村 晃正

セキュリティ対策

当サイトの接続は、Secure Coreによって保護されています。


無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ