優しい雰囲気のパン屋をつくるための内装

パン屋の雰囲気を柔らかくするために、必要な内装とは?

有名なパン屋の雰囲気の特徴として、高級感やおしゃれなのはもちろんありますが、落ち着いていて柔らかい、そんな優しい雰囲気のお店も大変魅力的です。

そんな優しい雰囲気のパン屋をつくるためには、どのような内装やデザインに仕上げれば良いのでしょうか?

自然素材を活用した温もりある内装

優しい雰囲気のパン屋をつくる際に、内装の素材として選択したいのは、木や石、レンガといった、自然の温もりを感じさせてくれる素材です。

自然の素材で作られた建物は、私たち人間と古くから結びつきが強いため親しみがあります。人工的な素材では決して味わえない雰囲気を演出してくれて、優しさや柔らかさの演出にも欠かせません。

素材の費用が高くついてしまうのが難点ですが、イートインスペースを用意しなければ、店内スペースはそれほど大きくする必要はありません。

小さなスペースであっても厳選した自然素材を使って、雰囲気の良い内装に仕上げてみましょう。

照明の効果は侮れない

光は明暗を左右するだけでなく、店内の雰囲気にも大きく影響する要素です。

青味がある光を使うと空間は冷たく硬く演出され、逆に赤味がある光を使うと空間は温かく柔らかく演出されます。前者を寒色、後者を暖色といい、パン屋であれば暖色を用います。

上記の木や石、レンガといった自然素材は、暖色の柔らかいイメージを与えるためにも効果的で、パンを美味しく見せることにも繋がります。全体的に橙色と感じられるような、ホッとする色味が包む空間にしましょう。

照明機器もこだわって、ペンダントライトのような古風な物を選択してみるのも店内の演出には欠かせません。

展示するパンもインテリアの1つ

パン屋は商品を店内に直接並べるため、お客様との距離が非常に短いのが特徴です。

また店内に並べられるパンは、お店の雰囲気を決めるインテリアの1つにもなります。たくさん並べられたパンを見て楽しむことが、お店の印象にも繋がっているのです。

美味しい焼き立てのパンを切らすことなく、店内にインテリアとして配置しておくことも大切です。インテリアとして考えれば、パンの大きさや色によってどう配置するかを工夫する楽しみも出てきます。

もちろん自分ですべてを考えるのではなく、プロの内装業者の力も借りて一緒にお店作りをしていきましょう。優しく柔らかく演出するポイントを抑えて、それぞれが思う理想のパン屋をつくりましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積もり比較

内装工事の施工例・お客様の声・運営会社・更新情報

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ