パン屋の開業に必要な内装工事や費用は?

パン屋を開業するために、揃えるべき内装のための費用

お持ち帰りが基本スタイルのパン屋は、他の飲食店よりも店舗スペースを削減しやすいため、比較的安く開業できるというイメージを持たれる方も多いようです。

しかし実際は、パン屋の内装工事費用は非常に高くついてしまうのです。その理由を見ていきましょう。

パン屋の内装工事費用は特に高い

通常の飲食店の場合は、開業資金の約3~4割が内装工事費用になるのが一般的な割合となりますが、パン屋の場合は5割以上かかることもあります。

もちろんパン屋の規模によって内装工事費用は大きく変化してきますし、工夫によって費用を抑えることも可能です。

それでも基本的には、パン屋の開業資金のうち、最低でも半分は内装工事にかかると考えておく必要があります。

パン屋ならではの内装工事とは?

パンを店内に展示販売するため、商品であるパンが美味しそうに見える内装やデザインが大切です。

そのためには清潔感を持たせながら、他にはないこだわりの空間を演出してお店のカラーも打ち出さなければいけません。

自分で考えることで費用は浮かせられますが、効果的なレイアウトやデザインを求めるならプロにお願いした方が賢明でしょう。

また、厨房にはパンを作るために必要な機器をいくつも配置するため、特別な設計が必要となります。電気やガス、水道といった設備工事、強い熱がこもるために空調工事も欠かせません。

飲食店の居抜き物件であれば費用を抑えることもできますが、パン屋の厨房に適していないレイアウトであれば大きな改修工事が必要になってしまいます。

パン屋は必要な機器が多くて高額

基本的な内装工事に加えて、パン屋専用の厨房機器や業務用品を揃えるためにも大きな費用がかかります。

パンを焼くための大型オーブンはもちろん、生地の精製や保管、発酵、こねるためにもそれぞれの専用機器が必要となります。他にもパンを蒸すなら蒸し器が必要となり、揚げるならフライヤーも必要となります。

パンというジャンルに的を絞ったお店とはいえ、パン屋には必要な専用機器がたくさんあるのです。

機器にかかる費用を抑えるために、中古品を購入したりリースを利用したりする手もありますが、基本的には内装工事と同額か、あるいは倍近くかかることを想定しておかなければいけません。

内装工事費用が高くなりやすいパン屋とはいえ、工夫次第で費用を抑えることは十分に可能です。

小さいスペースでも営業可能なので自宅を改装しても良いですし、居抜き物件も活用できます。内装業者も複数検討して、機器も中古品やリースを検討して、理想のパン屋を作りましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装デザインの事例・お客様の声・人気の記事

担当者

野村 晃正

セキュリティ対策

当サイトの接続は、Secure Coreによって保護されています。


無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ