繁盛しているベーカリーの内装デザイン

ベーカリーは昼間の営業が主になりますので、家族が居心地良く感じるような雰囲気が大切です。大人も子供も温かさを感じながら、なおかつおしゃれな雰囲気があるようなベーカリーが人気です。

では、繁盛するベーカリーを作るためには、どんな内装デザインを意識したら良いのか考えてみましょう。

パンの見せ方

ベーカリーのメインはパンという商品です。ですから、パンをいかに魅力的に見せるかが内装のポイントになります。

しかし、覚えておかなければいけないのは、パンというのはただ単に売るべき商品では無く、インテリアの一部であるということです。

お客さんがお店に入ったときに、思わずパンというインテリアに引き寄せられるような内装にする必要があります。ただパンが並べるのではなく、パンを並べるときの色や形を考えて、スペースをデザインしていきましょう。

そして、パンについての説明書きのポップなども黒地の紙に書いたりして、落ち着いた雰囲気を出すようにしましょう。

販売スペースの作り方

ベーカリーには主に3つのスペースがあります。その3つのスペースとは、厨房、イートインスペース、販売スペースです。

この中でお客さんが必ず利用するのは販売スペースですので、販売スペースの内装デザインを重視するようにしましょう。お客さんの動線を考え、パンを購入するだけでも完結できるような販売スペースがベストです。

イートインスペースとの境界が分かりづらいと、昼食時にイートインを利用するお客さんがあふれかえってしまいます。

パンだけを買いたいお客さんがお店に入れなかったり、入ったとしてもパンを選ぶのに混雑して時間がかかったり、レジが混んだりして、だんだん客離れする傾向がありますので要注意です。

照明の使い方

どこの飲食店でもそうですが、照明の使い方は内装デザインで大切なポイントとなります。照明は意外と費用をかけずに、お店の雰囲気を一気に良くすることができるので、十分に活用しましょう。

特にペンダントライトを多用すると、外から見てもベーカリーの雰囲気がアットホームに感じられて引き寄せられます。このペンダントライトは、ネットショップを利用すると1,000円前後から購入できます。

また、レジスペースにダウンライトなどを設置すると良い雰囲気を作れます。

こういったポイントを思い留めながら、パンを購入するだけのお客さんでも、イートインを利用するお客さんでも、居心地良く感じられるようなベーカリーを作っていきましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

店舗内装工事の見積もりを無料で比較

内装デザインの事例・お客様の声・見積書の事例

担当者

最新の見積り依頼

  • 2019年3月22日
    大阪府大阪市 オフィス
  • 2019年3月22日
    東京都中央区 物販店
  • 2019年3月22日
    山梨県甲府市 居酒屋
  • 2019年3月22日
    全国 ワンルーム集合住宅
  • 2019年3月22日
    広島県広島市 ラーメン屋
  • 2019年3月22日
    東京都品川区 焼肉屋
  • 2019年3月21日
    静岡県浜松市 パティスリー
  • 2019年3月21日
    東京都新宿区 バー
  • 2019年3月20日
    愛知県稲沢市 パン屋
  • 2019年3月20日
    福岡県那珂川市 テイクアウト
  • 2019年3月20日
    千葉県松戸市 美容室
  • 2019年3月20日
    東京都港区 居酒屋
  • 2019年3月20日
    神奈川県横浜市 カフェ
  • 2019年3月20日
    愛知県名古屋市 和食店
  • 2019年3月20日
    東京都新宿区 スクール
  • 2019年3月19日
    東京都板橋区 オフィス
  • 2019年3月18日
    長野県長野市 パーソナルジム
  • 2019年3月18日
    東京都荒川区 中華料理
  • 2019年3月18日
    東京都中野区 カフェバー
  • 2019年3月18日
    大阪府大阪市 整骨院

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ