アパレル店はどんな内装デザインが良い?

既に営業しているアパレル店の集客数を増やしたり、新たにアパレル店をオープンする際に、店舗の内装デザインは大切な要素となります。

アパレル店の内装デザインでお客様の印象もかなり変わり、それによってリピーターがついたり、口コミで良い噂が広がったり、様々なポジティブな反応を得られます。

アパレル店にはどういう内装デザインが良いのか、しっかり知っておきましょう。

アパレル店は内装デザインが重要

値段も安く設定しているし、品揃えにも自信があるのに、なぜか売り上げが上がらないという経験はありませんか?

アパレル店は特に、店舗のデザイン性が重視されます。洋服を扱う店舗だからこそ、おしゃれな内装で、居心地の良い雰囲気にすることが大切です。

お店の前を通る人の年齢層を調査して、メインとなる年代のお客様に合わせた内装デザインにすれば、リピーターや口コミにもつながります。

経営者自身が店に立つ場合は、自分とスタッフも内装の一部となります。スタッフが働きやすいレイアウトに設計して、スタッフの服装も扱う商品のジャンルに合わせることが望ましいです。

照明の明暗でお店の雰囲気が決まる

上記でも少し触れましたが、アパレル店の内装において雰囲気は非常に大切です。お客様のターゲットを絞ったら、照明の明るさも確認しておきましょう。

スタッフも扱っている洋服も明るい印象があるなら、照明も明るめにすると良いでしょう。明るい照明は店内の活発さを表すため、お客様が若い年齢層であれば好印象となります。

年齢層がもう少し上なら、照明を少し落として暗めにしましょう。暗すぎない照明は落ち着いた雰囲気を演出するため、1人でゆっくりショッピングを楽しみたいお客様には最適です。

入り口は広めに陳列する

窮屈感や居心地の悪さを感じさせる内装では、お客様の印象が悪いだけでなく、お店にも入りづらくなってしまいます。

看板や立地が大切だと思われるかもしれませんが、アパレル店の入り口も非常に重要です。入り口を広くして、全体が見渡せるようになっていれば、お客様もお店に入りやすくなります。

いろいろな物があって、選びやすいという印象を持ってもらえれば、リピーターになってもらえる確率も高まります。人間と同じく、お店の第一印象はとても大切なのです。

アパレル店の内装は、売り上げを大きく左右する要素であり、お店の評判にもつながるポイントです。コンセプトがずれていないか、ターゲットに合っているか、しっかり確認して開店しましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積もり比較

内装工事の施工例・お客様の声・運営会社・更新情報

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ