集客数が増えるアパレルの内装デザイン

アパレル店をこれから経営したいという方や、既にアパレル店を経営されている方も多いと思います。

日々お客様に満足してもらえるように努力されていると思いますが、なかなか集客数が増えないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

内装だけでも売り上げが変わる

アパレル店の中でも特に内装にこだわりたいのは、インショップという形態です。インショップとは、デパートやショッピングセンターなど、大規模な商業施設の一角に出店している店舗を指します。

インショップのアパレル店は、路面店ほど外装を気にする必要がないため、内装にお金をかけられます。出店する施設に訪れる客層や、出店場所の人通りに応じて、それに合った内装を考えましょう。

開けた空間で、360度全てからお客様の目に留まる場所であれば、どの角度から見ても美しい内装にする必要があります。

アパレル店の内装デザインを考える際は、何を売っている店舗なのか一目で分かるようにしましょう。そして洋服を陳列するだけでなく、並べ方やインテリアにも統一感を持たせましょう。

品揃えのコンセプトを統一する

アパレル店の品揃えについては、路面店でもインショップでも同じです。扱っている洋服がバラバラでは、何を売りたいのか分かりませんので、品揃えのコンセプトを統一することが大切です。

路面店であれば、ターゲットの目を引く看板や外観を意識しましょう。たとえば学校が近くにあって、若者の行きかう姿がよく見られるのであれば、若い年齢層の目を引く看板や外観にしましょう。

学生客がメインであれば、内装に高級感を出しすぎないことも大切です。高級店のような内装では、学生などの若者は入店しにくく、リピーターになってくれる可能性も低くなります。

内装と洋服の雰囲気を合わせる

アパレル店の基本的で、最も大切なことですが、内装と商品である洋服の雰囲気は統一されているべきです。内装と洋服の雰囲気があまりに違うと、お客様も居心地が悪くなります。

ターゲットを絞ることも大切ですが、海外の洋服を扱う場合は、その国の雰囲気に合わせた内装デザインにしましょう。

1度決めたコンセプトから大きくずれてしまうと、集客数が下がる可能性もあります。アパレル店の内装には、入っただけで伝わってくる雰囲気が大切なのです。

集客数やリピーターの確保は、店舗運営にとって永遠の課題です。1度決めたコンセプトを崩さずに、どこを見直せば良いかを考えてみましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装デザインの事例・お客様の声・人気の記事

担当者

野村 晃正

セキュリティ対策

当サイトの接続は、Secure Coreによって保護されています。


無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ