ママに人気がある子供服店の内装デザイン

今や大人以上に多種多様なアイテムを揃えているのではと思うほどの子供服です。それだけ子供のおしゃれを楽しもうという親が増えている証拠でしょう。

しかし少子化により、子供服の売り上げは低迷傾向と言われています。そんな中でも、ママに人気の子供服店を作るには、どんな内装にすればよいのでしょうか?

ママと子供のハートをキャッチする内装

子供服は子供が着るものとはいえ、実際に購入するのは誰でしょう?おおむね、ママのはずです。

ですから、ママが子供に着せる服を選びたい、買いたいと思うような店内スペースに仕上げるのがポイントとなってきます。

だからといって、ママ目線の内装に仕上げては子供が興味を示しません。買い物に来るママも、子供目線でおしゃれを考えます。

子供目線で訪れるママのハートをキャッチする内装というのが、目指すところになるでしょう。イメージ的には楽しい雰囲気がよいのですが、賑やかすぎてごちゃごちゃしては服を選びにくくなってしまいます。

子供服の中でもジャンルを限定した服を扱うお店にするか、イメージごとに扱うスペースを明確に区別するなど工夫しましょう。

子供服ならではのディスプレイにする

子供服は壁面にディスプレイしたり、マネキンに着せてコーディネートを見せると、ママも子供も服を選びやすくなります。

子供服は本当にデザインの幅が広いので、コーディネートが実は難しいのです。

無邪気な子供に大人のように何度も試着させて選ぶのも難しいですから、ママも子供も、ぱっと見て着た姿をイメージしやすい展示方法の方が助かります。

内装もそれを意識して、棚に折りたたんで重ね置きするのではなくハンガーラックを多用したり、先述したように壁面にディスプレイしたり、マネキンを利用できるように陳列に余裕を持たせます。

店内スペースにゆとりを持たせる

子供は無邪気です。大人のように落ち着いて商品を選んでくれるとは限らず、店内をはしゃいで走り回って遊んでしまうこともあるでしょう。

もし小さい店内で商品がぎゅうぎゅうに詰め込まれているような内装だったら、ママも危なっかしくて安心できず、子供も怪我をしてしまうかもしれません。

子供が遊びまわることを前提とまではしなくても、スペースにゆとりを持たせて安全性を考慮することも大切です。

展示する棚に角が丸いものを選択したり、鋭利なデザインは置かないようにすることです。つい大人の目線で考えてしまうので、子供目線で危険な対象がないかを考えましょう。

子供服店はママと子供の心を掴む内装にするのが重要です。どうしたら喜ばれるかと自分で考えるのも楽しみではありますが、難しいと思うところは内装業者などのプロに頼りましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装デザインの事例・お客様の声・人気の記事

担当者

野村 晃正

セキュリティ対策

当サイトの接続は、Secure Coreによって保護されています。


無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ