店舗の内装で他店との差別化をはかるには?

新しく店舗を開店したいけれども、既に似たようなお店が近隣にある。そんな時に重要になるのは、他店との差別化です。

商品のラインナップが似たようなものであったとしても、他店との差別化をはかる事で、「このお店に行きたい」と思わせる強みを作る事ができるのです。

どのように差別化をはかるか

では、一体どのような対策をとり差別化をはかれば良いのか?

一番分かりやすいのは、店舗の内装でしょう。どれほど棚に並べる商品の質を上げ、値段を下げても、見てもらえなければ意味がありません。

しかし、店舗の内装や外壁・看板に工夫をこらす事で、お店全体の見栄えを良くし、視覚的な部分での差別化をはかれば、自然と商品を手にとってもらえる可能性は上がります。

特に新規オープンの場合は、近所の人が一目見て「こんなお店ができたんだ」と分かるようにする事は非常に重要です。

どのような層を狙うのか

店舗の内装工事をするにあたり、はっきりさせておきたいのは、どのような層を狙うのかという点です。それにより、内装のイメージが変わってきます。

気軽に購入できるライトな内装にするのか、はたまた、ある程度客層を絞って高級感のあるイメージにするのか。ここをはっきりさせない事には、方針がブレてしまい、今後の経営にも支障が出て来てしまいます。

改装を行う際には、自分はこんなお店を作りたいと言う理想も大事ですが、実際にそのような店舗に需要があるのかをよく考え、研究する必要もあります。

例えば、商品の質が高くお値段も高級なお店は、都会のビルに入っていれば違和感がありませんが、住宅街のど真ん中にぽつんとあってもあまり興味を持たれません。その土地のカラーにあった店舗を構える、と言うのは非常に重要です。

ニーズに合わせて内装を変える

もちろん、ニーズに合わせて内装を変える必要もあります。

まずは、自分の足でその土地や、そこにあるお店を見て回り、需要と供給のバランスを確認した上で、どのような店舗であれば埋もれずに顧客を引き寄せる事ができるのかを研究しましょう。

また、改装後の店舗のイメージをキープする事も重要です。

店舗の改装工事を終えても、清掃やメンテナンスを怠っていては、すぐにお店は薄汚く見えてしまいます。どのような層を狙ったお店であったとしても、顧客に清潔な印象を与えなければなりません。

人によってはフロアの隅にチリがたまっていた、髪の毛が落ちていた、と言うだけで不潔に見えてしまうものです。清掃は運営者とスタッフの努力次第でコストをかけずにできる、お手軽なイメージ向上の手段ですから、決して怠らないようにしましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積もり比較

内装工事の施工例・お客様の声・運営会社・更新情報

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ