自宅を店舗に改装する場合のポイント

お店をやりたいけれど、テナントや土地を借りて内装工事をしたり、一からお店を作ったりするのは大変です。そんな時は、自宅を改装してお店にすると良いでしょう。

既にある土地と建物を利用するので、リスクも少なく、お店を閉める時も比較的楽なので、今までお店や事務所を構えた事がない方にもおすすめです。

自宅を改装する場合に注意したい事

自宅を改装する場合に注意したいのは、あくまでベースは自宅であると言う点。

新しくドアや窓をつける、壁紙を可愛らしいものにする、外壁の色を塗り替えるなどは比較的容易にできますが、空いたスペースに新しく建物を建てる場合以外は、建物自体の形を大きく変える事ができません。

既にある自宅の一部を店舗に改装する場合は、あくまで内装工事の範囲でできる事を考えましょう。

自宅を利用する場合、一番の制約となってくるのは土地のスペースです。大部分が住居として利用されている状態ですから、自然と店舗に割ける土地は少なくなってきます。

店舗として利用するのは1階だけだとしても、多くの場合は自宅の半分も利用する事はできないでしょう。その限られたスペースで、一体どうやって見栄えのする店舗を作るのかは、非常に難しい問題です。

店舗の内装工事を行う前に、自分はどのようなお店を構えたいのか、どのようなお店ならばお客さんがたくさん来てくれるのかをよく考え、工事を頼んでいる業者さんに詳細なイメージを伝えておきましょう。

まず何を優先させるべきかを決める

土地の問題はクリアできても、改装にそこまでの費用をかけられない場合は、おおまかなリフォームだけお願いして、細かなところは自分で何とかしていく事になります。

大変ですし、当然時間もかかりますが、自分の理想を実現させると言う点では、内装業者に頼むより良い場合もあります。特に商品を並べる棚などのレイアウトにおいては、位置から高さまでその都度細かな調整ができるのでおすすめです。

ある程度の知識と技術があれば、コスト面でも非常に優れていると言えます。

店舗の内装工事を行う時は、理想の完成図と、予算の摺り合わせが非常に重要です。

自宅である以上は住居優先なので、土地の問題ばかりは仕方がありませんが、予算が足りないと感じた場合は理想をあきらめるか、理想を叶えるためにコストを掛けるかを検討する必要があります。

どちらも決して悪い事ではありませんので、理想の店舗を作る事を優先させるか、コストを優先させるかを考えましょう。何を優先させるべきかが決まれば、自然と内装工事の方針も定まってくるはずです。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装デザインの事例・お客様の声・人気の記事

担当者

野村 晃正

セキュリティ対策

当サイトの接続は、Secure Coreによって保護されています。


無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ