店舗の内装工事でよくある3つのトラブル

店舗の内装工事を行う際には、まだ工事に入る以前の話し合いの段階で、トラブルが持ち挙がる事があります。

よくある大家さんとのトラブル

まず、大家さんとの間で生じるよくあるトラブルについて。

初めの頃は感触が良く契約寸前にまでこぎつけたにも関わらず、何かしらいきなり条件を付けられて、内装工事の費用が多く掛かることもあれば、工事自体が難しくなる事があります。

こうした問題は、早い段階でしっかり話し合いをしておく事で防止できるのです。

例えば営業中の騒音が気になると、これまでは言われる事がなかった防音工事もするように伝えられることがあります。また、すでに決めていたデザインや設備等に口を出されて、大幅な変更が余儀なくされる事もあります。

いずれも大きな変更や工事期間の延長などが生じることになりかねず、工事に掛かる費用が増大する事にも繋がりかねません。

よくある工事業者とのトラブル

続いて、工事業者とのトラブルについて。

施主の要望をそのまま受け取らず、自身のこだわりを押し付ける事があれば、口約束だけで工事に移ろうとする事もあります。

やはり施主の要望を無視する業者の場合は、その後の工事においても当初描いたイメージと全く違う店舗になりかねず、契約はお勧めできません。

また、契約に伴い書面で契約を締結することは当然になりますので、口約束だけで済まそうとする場合はその時点で交渉を終わらせて、その後に生じるであろうより大きな問題を未然に防ぎましょう。

よくある住民とのトラブル

最後に、住民とのトラブルについて。

住民とのいざこざは、内装工事をしている最中に発生する事が多くありますが、工事を行う以前に、テナントで工事業者と話しをしている段階で周辺住民が目ざとく見つけ、早くも様々な注意や文句を伝えられる事があります。

この手の住民の場合は、過去にその物件の工事で迷惑を被った経験がある事もあれば、単なるクレーマーに類する人物も存在しますので、まずは先方の言質を細かく聞いた上で、どのように対応するか業者を交えて考える必要があります。

騒音などの問題であればある程度は注意をする事もできますし、また工事中の車両についても近隣の駐車場に停車させるなど、相手方が納得できる対応を工事前に検討しておくと良いでしょう。

ただ中には工事をするのであれば、その間は別の住宅に住むなどとその分の費用を請求してくるケースもありますので、こうした住民への対応については基本的に工事業者に任せておけばしっかりと対応してくれます。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積もり比較

内装工事の施工例・お客様の声・運営会社・更新情報

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ