店舗の内装工事における業種ごとの坪単価

どんな店舗を開業するかによって、内装工事費用の相場は異なります。相場を確認する方法としては、開業資金の割合や坪単価から考える方法があります。

今回は業種ごとの坪単価の相場を比べて、各店舗によってかかる内装工事費用の相場を考えてみましょう。

比較的安い坪単価20万円以下の店舗

内装工事費用が低く収まりやすい店舗は、衣類や雑貨などを扱う販売店、薬局やクリーニング店、マッサージ店、学習塾などです。

特に安く抑えられるのは販売店です。理由は、飲食店のように高額な厨房機器や空調、排気設備が不要で、ガスや水道も基本的には工事が必要ないためです。

用意すべきものが商品を展示する棚やインテリア程度で、難しい工事は必要としません。やろうと思えば自分で全てDIYすることも可能で、内装業者にたのまなくても作れてしまいます。

ただしお店の雰囲気やデザインにこだわったり、アンティーク家具などにこだわったりすれば、一気に内装工事費用が跳ね上がることもあります。

少し高い坪単価30~50万円の店舗

少し高いとは言っても、一般的な店舗の内装工事費用の相場はこれくらいと考えておくと、余裕をもって店舗作りができるでしょう。

このクラスの具体的な店舗はというと、美容室やネイルサロンのような美容系店舗、レストランやファストフードといった飲食系店舗です。

店舗運営に専用機器が必要となるお店が目立ちます。運営に欠かせない機器を削減することはできませんが、中古、リースなどを利用して、その他の内装工事費用に充てる工夫もできます。

お店のサイズが大きくなると、それに応じて機材もたくさん必要となるため、機器類にかかる費用は平均より上回りやすくなります。

高額になる坪単価50万円以上の店舗

坪単価が特に高くなってしまう店舗は、病院や歯科などのクリニック、医療関係です。やはり専用設備が必要となり、高額な医療機器が内装工事費用を圧迫してしまいます。

医療機器もリース契約は可能ですが、初期投資を大幅に抑えることはできるものの、開業後にかかるリース費用は高くついて負担となってしまいます。

比較的スペースを抑えやすく、高額な機器も必要ない内科は費用を抑えやすいですが、脳外科のようにMRIやCTなどの高額な医療機器が必要になると、大幅に坪単価が跳ね上がります。

上記の坪単価の相場は、あくまでも平均としての考え方です。実際は選ぶ場所や物件などの条件によって異なってきますので、用意すべき内装工事費用の目安として参考にしてください。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装デザインの事例・お客様の声・人気の記事

担当者

野村 晃正

セキュリティ対策

当サイトの接続は、Secure Coreによって保護されています。


無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ