店舗の内装費用はいくらまで安くできる?

店舗の内装費用は安いに越したことはありません。開業資金を大きく圧迫する内装費用をできるだけ安く抑えて、運営資金に余裕を持たせて安心したいものです。

内装費用を相場より安くしたい場合には、どんな工夫をすればよいのでしょうか?

安くできるかは物件選びで決まる

スケルトン物件か、居抜き物件か、どちらを選ぶかで大きく内装費用が変わってきます。

スケルトン物件は、何もない四角いスペースを思い浮かべてもらえれば分かりやすいでしょう。居抜き物件とは、前店舗の名残がある物件のことです。

どちらが内装費用を抑えられるかは、比べるまでもなく明らかでしょう。答えはもちろん居抜き物件です。

たとえばラーメン屋の居抜き物件に、ラーメン屋を開くとしましょう。必要なレイアウトはすでにあり、ガスや水道も工事は不要、設備も一部流用できるとなれば、大幅に工事費用を削減できます。

工事費用を下げられる物件を選べは、内装費用を相場以下に抑えるのも難しくはありません。

安さを求めつつ業者選びは慎重に

複数の業者から見積りをもらって、1番自分にとって良い条件と金額を出してくれる業者を選ぶことでも、内装費用は大きく変わります。

業者選びが面倒ということで、手間を省いてはいけません。工事が始まってから他業者より高かったと気付いても手遅れです。

ただし、金額だけで業者を選んではいけません。何度も追加工事が必要になって、結果的に費用が高額になってしまったというケースも少なくありません。

安いながらも、満足のいく工事をしてくれる業者を選ばなくてはいけません。

できる工事は自分でDIYしよう

世の中には店舗の内装を自分で作ってしまう人もいます。これには時間も技術も必要となりますが、可能であればこれほどの節約方法はありません。

DIYに自信がある方、手作りを楽しめる余裕のある方は、チャレンジしてみてもいいでしょう。

ただし、中にはDIYでは解決できない工事もあります。ガスや水道、電気の工事、飲食店の厨房機器の設置、病院やクリニックの医療機器の設置には、プロの手が必要です。

また工事やDIYに自信が無い方にもおすすめしません。自分でやっても仕上がりがいまいちであれば、結局は時間とお金の無駄ですし、センスが悪くて運営に悪影響を与える可能性もあります。

安くしようと思えばいくらでも可能ですが、あまり安くし過ぎるとお店の魅力が低下してしまいます。物件選び、業者選び、DIYの3つのポイントを抑えて、適度に内装費用を節約しましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積もり比較

内装工事の施工例・お客様の声・運営会社・更新情報

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ