内装・設備工事をDIYして節約する方法

内装工事や設備工事の一部を自分でやって、費用を節約する方法

内装工事や設備工事はプロにお任せするのが無難ですが、予算の都合から自分でDIYして節約したいと思うこともあるでしょうし、手作りならではの魅力的な内装にしたいということもあるでしょう。

そこで、内装工事や設備工事のどんな部分が自分でDIYできて、どれだけ費用を節約することができるのかを考えてみましょう。

自分でできる内装工事は力量次第

どんな部分が自分でDIYできるかは、ご自身の力量次第です。その気になれば、店舗の内装すべてを自分で工事することも不可能ではありませんし、実際にそうされている方も少なくありません。

床から壁、天井、机や椅子にインテリア、看板など、それぞれ技術が求められる作業なので、自分ができると自信を持てる範囲で行って、費用の節約に挑戦してみましょう。

ただし、難しいと思える作業には手を出さないことです。失敗を重ねて、手間と時間、お金がかかってしまい、結局はプロに任せたほうが綺麗に仕上がって安かったということにもなりかねません。

危険な設備工事は絶対に避ける

設備工事もある程度は自分でできるところはありますが、こちらは基本的にプロにお任せすべきです。というのも、水道やガス、電気を使うことになる設備の設置工事は、自分では難しいばかりでなく危険が伴うためです。

知識もない素人の手で作業してしまった結果、作業中の大事故になってしまう恐れもありますし、設置が不十分で開業後にとんでもない問題が生じる可能性もあります。

水道やガス、電気に関わる設備工事はプロにお任せして、自分で行うのは危険度の少ない設備工事のみに限定しましょう。

プロの作業は決して邪魔しない

自分のできる範囲、危険のない範囲であれば自分でDIYして費用を節約できますが、それでも気を付けておきたい点があります。それは、プロの作業は決して邪魔しないということです。

業者はプロの判断で的確な作業を進めています。そこに節約したいからと横やりを入れたり、一緒に作業して邪魔をするようなことになってしまえば、業者も気持ちよく仕事ができませんし、作業を投げ出されてしまう心配もあります。

大きな費用が必要となる工事ではありますが、節約にこだわりすぎないようにしましょう。

ご自身に技術がある上での程よいDIYであれば、そこに魅力を見出すこともできますが、むやみやたらに節約に挑戦しても業者と揉めることになりかねません。

お互いに気持ちよく作業でき、素敵なお店作りを目指すことを一番の目標としましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積もり比較

内装工事の施工例・お客様の声・運営会社・更新情報

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ