店舗内装の坪単価の相場と判断基準

店舗の内装工事をするには多くの費用がかかります。費用については坪単価で考えるのが一般的ですが、この坪単価の相場や判断基準はなかなか難しいものです。

特に初めて店舗を持つ方にとっては、分からないことだらけではないでしょうか?

しかし、店舗の内装工事の費用や開業資金を最小限に抑えるためにも、坪単価の相場は把握しておく必要があります。

店舗の大きさによる違い

5坪の小さな店舗から、10坪~30坪の一般的な店舗、それ以上の大型店舗と広さは様々ですが、店舗の大きさが変わると内装工事の坪単価も変わってきます。

同じような内装工事をするとしても、坪単価で見た場合は、坪数の少ない店舗の方が坪単価が割高になります。店舗の広さに関わらず、最低限必要な工事の内容はあまり変わらないため、こうした現象が生まれます。

なんとなく店舗が広い方が坪単価も高くなるとイメージしている方もいるかもしれませんが、実際は逆なので気を付けましょう。小さな店舗ほど坪単価が高くなります。

この点を把握しておくと、店舗の大きさによる坪単価の違いに惑わされることがなくなります。

新装か改装か

これは非常にわかりやすい目安になるでしょう。新装の場合、すべての内装工事を一から行うため坪単価も高くなります。

逆に改装の場合、元の設備をそのまま利用すれば、内装工事にかかる費用を減らすことができ、結果的に坪単価を安く抑えられます。

居抜き物件が改装の良い例でしょう。居抜き物件でも、どの程度の設備を再利用できるかは物件や考え方で変わってきますが、いずれにしても新装と比較して坪単価が安くなります。

坪単価の相場も新装と改装では異なるので、それぞれの相場をあらかじめ知っておくことが大切です。新装の場合の坪単価の相場は30万円から50万円なので、改装であれば、この坪単価よりも安くならないとメリットがありません。

相場を知って見積りをたのむ

実際に内装工事にいくらかかり、坪単価がいくらになるのかは、店舗の状態や立地条件などで細かく変わります。

重要なのは坪単価の相場を知り、そのうえで見積りをしてもらうことです。相場を知らないと、見積りが高いのか安いのか判断できませんので、相場を知ったうえで業者に見積りをたのみましょう。

業者によって見積りは違いますので、必ず複数の業者に同時に見積りをお願いしましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

店舗内装工事の見積もりを無料で比較

内装デザインの事例・お客様の声・見積書の事例

担当者

最新の見積り依頼

  • 2019年6月20日
    東京都新宿区 タピオカミルクティー
  • 2019年6月20日
    東京都杉並区 洋食レストラン
  • 2019年6月20日
    東京都渋谷区 美容室
  • 2019年6月20日
    埼玉県入間市 洋菓子製造
  • 2019年6月20日
    大阪府松原市 和食店
  • 2019年6月20日
    愛知県名古屋市 スマホ修理
  • 2019年6月20日
    東京都中央区 サロン
  • 2019年6月20日
    東京都港区 学習塾
  • 2019年6月20日
    大阪府大阪市 キャバクラ
  • 2019年6月20日
    神奈川県横浜市 デイサービス
  • 2019年6月20日
    京都府長岡京市 レストラン
  • 2019年6月19日
    福岡県福岡市 エステサロン
  • 2019年6月19日
    京都府京都市 着物レンタル
  • 2019年6月19日
    東京都港区 スタジオ
  • 2019年6月19日
    愛知県岡崎市 エステサロン
  • 2019年6月19日
    東京都台東区 焼肉屋
  • 2019年6月19日
    東京都渋谷区 物販店
  • 2019年6月18日
    大阪府大阪市 オフィス
  • 2019年6月18日
    東京都港区 オフィス
  • 2019年6月18日
    東京都西東京市 美容室

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ