店舗内装の坪単価を安くするコツとポイント

店舗をオープンする時の開業資金の半分を占めると言われるのが、内装工事費用です。

内装工事費用を安くできれば、必要な資金を大幅に減らせるわけですが、どうすれば安くできるのか?坪単価を安くするという観点から見ていきましょう。

使えるものはできるだけ利用する

店舗に必要な設備をすべて一から手配して入手すると、それだけでかなりの費用になります。そこで、少しでも坪単価を安くするために、使えるものは可能な限りそのまま使うように意識しましょう。

たとえば、すでに別で店舗を経営していて新しい店舗に移る場合、従来の店舗で使っていた設備をそのまま使えば、非常に大きく節約できます。

移設の費用だけで済むのですから、当然と言えば当然なのですが、これをするかどうかで坪単価を10万円近く安くできるケースもあります。

初めて店舗を持つ場合でも、何か使えそうなものがあるならそれを使うようにして、新しく用意する場合でも、問題なければ中古を使うなど工夫すれば坪単価を安くすることができます。

居抜き物件を利用する

居抜き物件とは以前に店舗として利用されていて、設備がそのまま残っている物件のことです。

極端な言い方をすれば、設備はすべて今あるものを利用できますので、そうすれば内装工事にかかる費用はほとんどカットできます。

実際にはすべてが使えるわけではなく、自分の理想に合うように改装したり、新しいものを用意したりしないといけません。ある程度の費用は必要ですが、それでも節約できることは間違いありません。

特に飲食店の場合は、費用が高額になる水回りの内装工事をしなくてもいい可能性があるのは大きなメリットです。坪単価を安くするなら、まず真っ先に居抜き物件の利用を検討すべきでしょう。

内装工事費用の相場を把握する

たとえば、業者に内装工事の見積りをお願いして、実際に提示された見積書を見た時に、それが本当に安いのか高いのかを判断できなければいけません。

そこで、内装工事費用の相場がどれくらいかを把握しておきましょう。

店舗の場合、一般的な坪単価は30万円から50万円と言われています。つまり、坪単価を30万円未満に抑えられていれば、コストダウンに成功していると判断できるのです。

もちろん立地などの複数の条件で坪単価は変化するのであくまでも目安ですが、坪単価の相場を知っていれば、ちゃんと節約できているか考えられるようになります。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

店舗内装工事の見積もりを無料で比較

内装デザインの事例・お客様の声・見積書の事例

担当者

最新の見積り依頼

  • 2018年12月15日
    東京都品川区 ダンス教室
  • 2018年12月14日
    東京都板橋区 整骨院
  • 2018年12月13日
    福岡県福岡市 焼き鳥屋
  • 2018年12月12日
    東京都国分寺市 保育園
  • 2018年12月12日
    埼玉県川越市 美容室
  • 2018年12月12日
    東京都立川市 居酒屋
  • 2018年12月12日
    東京都墨田区 スナック
  • 2018年12月12日
    神奈川県平塚市 オフィス
  • 2018年12月12日
    東京都品川区 アパレル
  • 2018年12月11日
    東京都港区 美容室
  • 2018年12月11日
    東京都北区 スナック
  • 2018年12月11日
    埼玉県草加市 児童福祉施設
  • 2018年12月10日
    東京都町田市 バー
  • 2018年12月10日
    千葉県松戸市 イタリア料理
  • 2018年12月10日
    愛知県名古屋市 焼肉屋
  • 2018年12月10日
    東京都中央区 バー
  • 2018年12月10日
    東京都江戸川区 居酒屋
  • 2018年12月7日
    大阪府大阪市 パン工場
  • 2018年12月7日
    滋賀県大津市 美容室

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ