店舗の内装工事で注意すべき消防法

飲食店(店舗)の内装工事で、気をつけなければいけないのは、防災関係と排気関係です。以下のページもご覧ください。

飲食店は特にここが重要ですが、実際は内装業者がすべて基準をクリアするように設備工事をした上で、オープン前にチェックを受けることになります。信頼できる内装業者に任せておけば安心です。

飲食店(店舗)の防災関係

建築基準法のページにも記載したように、ビルのテナントの場合は、内装を不燃材にしなくてはいけないことがあります。

飲食店(店舗)の排気関係

排気関係としては、物件に厨房の排気を出す穴があるかどうか、排気をどこから出すかがポイントになります。

飲食店街であれば臭いが問題になることはありませんが、住宅街やマンションの1階の飲食店だと、排気ダクトを屋上まで上げなければならないケースもあります。排気ダクトを屋上まで上げると、それだけで150~200万円はかかります。

普通は排気ダクトを壁から出して、排出口を少し上に向けたり、立ち上げて横に振ることで解決します。しかし臭いの場合は、近隣から苦情が入ると役所から指導があり、その対応ができないと営業停止という場合もありますので注意が必要です。

壁からそのまま排気を出していいのか、壁に穴を開けて排気を出すのか、排気ダクトを屋上まで上げる必要があるのか、物件を契約する前に不動産屋や大家さんに確認しておきましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積もり比較

内装工事の施工例・お客様の声・運営会社・更新情報

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ