飲食店の設備工事費用と注意点

飲食店の主な設備工事は、以下の5つになります。

飲食店の「電気工事」

飲食店の「電気工事」は、造作が何もないスケルトンの場合、コンセントと照明器具の配線、エアコン、給排気ファン、大きい冷蔵庫などの動力の配線工事、引き込み工事となります。

電気容量が足りない細い線の場合は、電気容量を増やすための幹線引き換え工事が必要になります。

幹線引き換え工事がなければ、15坪~20坪程度の飲食店の「電気工事」は、照明器具を除いて80万円~100万円くらいです。居抜き物件であれば、照明器具を取り替える程度で済むため20万円くらいです。

飲食店の「ガス工事」

飲食店の「ガス工事」は、飲食店用としてガスが入っていれば、基本的に配管工事だけのため35万円~40万円くらいです。

給湯器などの機器は、ガスの配管免許を持っている人しか取り付けができないため、ガス屋さんに取り付けてもらうと良いでしょう。排気の出し方などの規制も多いため、ガス屋さんに取り付けてもらうのがベストです。

居抜き物件であれば、器具の付け替えや、位置的に配管を伸ばしたりする程度の工事のため10万円前後です。

プロパンガスについて

プロパンガスは、ガスの利用料金が高いのではないかと心配する人が多いですが、本当に高いのでしょうか?

実はプロパンガスには、都市ガスのように設定された定価がありません。例えば、プロパンガス大手のレモンガスは比較的料金が安く、それ以外のプロパンガス屋さんは、地域によって価格が違いますが料金は高めです。

プロパンガスは業者が価格を決められるので、最初の契約の時に料金を高めに言ってくる業者もいます。プロパンガスの利用料金に相場はなく、ガスの使用量によって料金は変わってきます。

一概に都市ガスとどちらがいいか判断するのは難しいのですが、プロパンガスの利用料金は都市ガスの1.5~2倍くらいかかります。もしプロパンガスを使用するなら、何社か相見積りを取ってみましょう。

ただし、プロパンガスを選択する理由は2つしかありません。元々都市ガスがないか、都市ガスでは容量が増やせない場合のどちらかです。

プロパンガスのメリットは、最初の工事代金が安いことで、タダで工事をやってくれるところもあります。積極的にプロパンガスを選ぶ理由はありませんが、工事代金がないためにプロパンガスを選ぶ方もいます。

飲食店の「水道工事」

飲食店の「水道工事」は、業種にもよりますが、トイレも厨房も何もないスケルトン状態の物件なら60万円~120万円くらいです。

飲食店の場合、保健所から付けるように指導される「グリストラップ」という油やゴミを除去する設備があり、このグリストラップの大きさが業種によってマチマチなため、水道工事の価格の幅が大きくなります。

厨房工事がそこまで必要ないカフェなど業種であれば、シンク下の床置きタイプのグリストラップもあります。珈琲の粉を流したりするだけなら、水道管を太くするだけでも大丈夫です。

ただし、油だけでなく粉モノも水道管にたまります。油を使わないパン屋なども、ネバネバの小麦粉が水道管にたまっていってしまうので、予め水道管の太さを太くしておくと良いでしょう。

当然グリストラップも、居抜き物件であれば安くなります。

居抜き物件の場合、グリストラップと元の配管に高圧洗浄をかけるだけなため、厨房機器のメンテナンスと変わらず10万円~15万円くらいで済みます。出店階数によって変わりますが、1階の路面店であれば8万円くらいです。

飲食店の「空調工事」

飲食店の「空調(エアコン)工事」は、室外機をどこに置くかによって大きく変わります。室外機を普通に床面に置けるなら、普通の居酒屋だと6馬力~8馬力程度なので、1台で80万円~120万円くらいです。

ただし、10階建てのビルで、クレーンで屋上に室外機を持っていかなければならない場合は、設置費用が大幅にアップします。

そのような場合、室外機とエアコン本体の距離が離れるため、エアコンの馬力数を上げなければエアコンがきかなくなります。エアコンの馬力数を上げるため、エアコン本体の価格も高くなり、エアコン自体の価格もアップします。

居抜き物件であれば、本体と室外機をばらしてオーバーホールするだけなので、1台に対して12万円くらいです。

飲食店の「排気工事」

飲食店の「排気工事(ダクト)」は、物件の条件によってピンキリですが、ビルの上にダクトを持っていく場合は、足場とダクトの費用だけで120万円~150万円くらいかかります。

そのまま壁から排気したとしても、厨房のフード、店内の換気扇2箇所ぐらい、トイレの換気扇、給排気の工事を入れると、通常のダクト工事でも80万円~100万円くらいはかかります。

排気工事は、給排気という形になるので、店内全部を工事しなければなりません。排気、つまり空気を外に出すには、外の空気を中に吸い込まないといけないため、給排気工事にはお金がかかるのです。

そういう意味では、壁から排気できる物件を探した方がベターですが、都内の繁華街にはほとんどありません。繁華街に出店する場合は、最初からダクトを設置している物件もあるので、そういう物件を探した方がコストが安く済みます。

全く排気する空気の通り道がない物件で、煙が出る業種の飲食店をやると、ダクト工事に多額の費用がかかって大変です。それに、焼肉屋などの煙が出やすい業種でなくても、飲食店では煙や臭いの出ない業種はないと考えた方が良いです。

イタリアンでもにんにくの臭いが出ますし、焼肉屋では消臭装置を付けなければいけないケースも多いです。消臭装置を付ける場所も確保しなければなりませんし、金額も200万円くらいかかってしまいます。

同業種の居抜き物件であれば、ダクトなどを少し清掃するくらいで良いため、ダクト工事をしなくても済みます。ですから同業種の居抜き物件であれば、ダクト工事にかかる費用は0円です。

ただし居抜き物件でも、業種が変わると店内の熱量が変わる場合があり、その場合は新たに給排気工事を行わなければなりません。

例えば、元々はガスレンジしかなかった店に、フライヤーとパスタボイラーを入れると、フードもファンも大きくしなければなりません。そうなると吸気も大きくしなければならなくなり、当然追加の工事費用が発生します。

いずれにしても、飲食店の空調・給排気の工事には、電気・ガス・水道工事よりもお金がかかることを覚えておきましょう。

新装にするか?居抜きにするか?

いかに設備工事に費用をかけずにオープンするかを考えれば、居抜き物件は確実に安くなります。しかし厨房やトイレの位置、設備の位置を変更すると、新たに設備工事必要になり、かえって工事費用が高くなる場合もあります。

スケルトンから設備工事を一式行う場合は、最低でも300万円くらいはかかります。これが居抜き物件で業種が変わらなければ100万円もかかりません。

ただ、最後に改めて強調しておきたいことは、新装にするか居抜きにするかは、コンセプト次第ということです。コンセプトにマッチするのであれば居抜き物件でも構いませんし、マッチしなければ新装にするしかないでしょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積もり比較

内装工事の施工例・お客様の声・運営会社・更新情報

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ