内装工事の見積書で注意すべきポイント

店舗の内装工事の見積りを依頼し、実際に見積書が出してもらった後に、工事金額の総額だけを確認するのは非常に危険です。

特に店舗の内装工事は相場が不透明ということもあり、見積書について詳しく説明を受けることが大切になります。

見積書の一式という言葉に注意

見積書というくらいですから、記載されている見積りには明確な価格の理由があります。どこにいくらの金額か?全体でいくらの金額がかかるか?というのが見積書です。

しかしその見積書の中にも、一式という言葉があり、ここが非常に重要なポイントになります。一式という言葉があった場合、何が含まれているのか、何にいくらかかるのかをしっかり確認しておきましょう。

一式に、何が含まれているか確認する!

費用を負担するのは契約者なのですから、どこにどれだけかかるかを明確にしておきましょう。

見積書の項目と内容を確認する

見積書は事前に伝えた内装デザインや、それに伴う図面をもとに割り出されており、それにかかる費用が記載されています。どの部分がどこに使われるのか、どこの項目が該当しているのか、確認することが重要なのです。

何がどれに当たるか、説明を受ける!

相手はプロだから大丈夫と考えず、依頼者と業者のお互いが気を配るようにしましょう。不明点があれば確認し、なぜここにこれだけの費用がかかるのかという疑問も、しっかり解消しておきましょう。

多額のお金がかかる店舗の内装工事は、こうした細かい部分の見落としが重大なミスを生み出す可能性もあるのです。

複数の見積書を比較して決める

これはかなり大切なチェックポイントですが、見積書が上がってきたからといってそれで終わってはいけません。

1社にしか見積りを依頼しない場合、そして一般的な相場を知らずに金額をうのみにしてしまった場合、高額である可能性もあります。少なくとも3社の業者に見積りを依頼し、全てと相談してから1社と契約しましょう。

少なくとも、3社に見積りを依頼する!

見積りを比較して交渉する場合、金額が安くなる可能性もありますし、その業者のこだわりを知ることもできます。フィーリングで決めるにしても、ある程度の情報が無いと危険なので、複数の業者に依頼しましょう。

見積書という1つのカテゴリーだけでも、上記のように注意が必要です。特に初めての出店の場合はノウハウも無い状況ですから、何度もチェックするようにしましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積もり比較

内装工事の施工例・お客様の声・運営会社・更新情報

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ