内装工事の契約書にサインする際の注意点

内装工事は仮契約に始まり、さまざまな過程と時間を経過して本契約を結ぶわけですが、契約書には絶対に隅から隅まで目を通しましょう。

よく分からないからとか、書類が多いからといって飛ばし読みしてしまった場合、とんでもない事態になる可能性もありえます。

契約書にサインする前の注意点

契約する際の書類は、一般的にはだいたい5種類くらいで、内容が少し分かりづらい部分もあります。経営の勉強もしたし、運営するお店の知識もあるけれど、契約書に書かれている内容がよく分からないというのは、珍しいことではありません。

契約書というのは証拠として残るだけでなく、さまざまな法律の規定を守るものであるため、難しい文章構成になっています。無知を恥ずかしがらず、不明な点はしっかりと質問して、全て解消することが大切です。

内容が分からずに契約してしまうと、完工後に何があっても助けてもらうことはできません。

本契約寸前で変更が生じた場合は?

これも契約書にサインする前の大切な部分であり、注意点としても覚えておきましょう。本契約を翌日に控えているが、どうしても変更したい箇所が出てきてしまったという場合は、本契約時に相談しましょう。

契約書にサインをした後では、修正や変更が難しい部分も出てくるため、取り合ってくれない場合もあります。小さな修正なら対応してくれるかもしれませんが、筋としては契約前に相談するべきです。

特に店舗における内装工事は、内装やデザインにこだわりが強く出るものですから、契約前に全てを伝えておきましょう。途中からの変更は業者に対して失礼ですし、ビジネスマンとしても失格です。

了承を得た要望が反映されているか?

相手はプロですから、本来反映されていないということがあってはいけませんが、やはり人間なのでミスが出ることもあります。これを確認する意味でも、契約書にサインする前にしっかり確認しましょう。

文面を目で確認した後はしっかりと口答で確認し、必要書類に反映されているかを確認することも大切です。伝えてあるから大丈夫、書いてあることはだいたい分かったといって、確認しないのはNGです。

必要書類に反映されていない場合は相手のミスですが、確認しなかった場合は依頼者にも非があることになります。

全ての交渉が終わり、後は工事をお願いするだけなので、契約書へのサインは気が緩みがちです。しかし最後の最後でつまずいては、これまでの苦労が水の泡となるので、しっかりと確認しましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積もり比較

内装工事の施工例・お客様の声・運営会社・更新情報

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ