美容室の物件の立地調査で注意するポイント

現在国内における美容室の数は、コンビニエンスストアを上回る店舗数があるため、様々な部分で他店との差を出していかなければなりません。

物件の立地条件もその1つで、美容室の立地条件によっても他店との差を出すことができます。立地は後々の経営に影響してくるため、事前に物件の立地調査をしっかり行うことが重要です。

立地調査を行う際にまず大切なこと

商圏調査とも言いますが、立地調査を行う際にまず大切なのは、お店の周辺条件です。競合店の店舗数やターゲット層の人口、もちろん世帯数も大切であり、美容室においては欠かせない調査です。

都市部ではなく地方や郊外で経営する場合は、将来その地域が発展するかどうかも考えましょう。地域の成長はお店の発展や集客にもつながるため、客商売において重要なウェイトをしめることになります。

地域性によって提供するメニューの価格も変動するため、立地調査の1つ目のポイントとして知っておきましょう。

スケルトン物件での開業も検討する

立地調査に関係があるの?と不思議に思う方もいると思いますが、スケルトン物件から開業することは、立地調査にも大きく関わってくるのです。

どれだけ入念な立地調査を行おうと、居抜き物件しか考えていない場合は、どうしても立地条件は絞られてくるのです。スケルトン物件と居抜き物件、2つの選択肢を用意することで、立地調査の幅は格段に広がります。

美容室の開業にはスケルトン物件の方が適しているため、基本的にはスケルトン物件での開業を検討しましょう。選べる物件の多さも、立地調査の重要なポイントなのです。

ターゲットにあった集客を意識する

集客が見込める場所として誰もが思いつくのは、駅前や商店街などの人通りの多い場所だと思います。

駅前や商店街は確かに人通りも多くて集客が見込めますが、その分店舗の家賃も高く、回転率を重視しなければいけないため、客単価は低くなります。丁寧で上質なサービスを行いたい場合、このような立地は適していると言えるのでしょうか?

また男性をメインターゲットとして、オフィス街での経営を考えている場合は、営業時間への配慮も必要です。

お店のコンセプトにあったターゲットを意識し、それに伴った立地調査を行いましょう。営業時間が短いのに繁華街周辺で経営するというような、コンセプトに反する立地はNGと考えた方が良いでしょう。

美容室は飲食店とは違い、出店できる場所の選択肢が多いため、立地条件にこだわることが可能です。一切妥協せず、入念な立地調査も行い、お店のコンセプトを崩さないような物件を探しましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積もり比較

内装工事の施工例・お客様の声・運営会社・更新情報

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ