飲食店における物件の立地調査と判断基準

飲食店を経営する準備は整ったけれど、良い物件が見つからない、立地や物件の判断基準が分からない、という悩みを多くの方が抱えています。

こちらの記事では、飲食店における物件の立地調査のコツを3つに分類してお伝えしていきます。

自分のお店が集客できる立地条件

1番集客が見込めそうな場所に物件を借りるのが当たり前だ、と思われるかも多いのではないでしょうか。

しかし一言に集客できる立地条件といっても、ラーメン屋に適した立地と、カフェに適した立地にはかなり差があります。

ご自身がオープンしたいお店と、候補として考えている物件の立地条件は本当にマッチしているのか、もう一度考えてみてください。他に良い物件がないからしょうがない、というような考えは捨てましょう。

物件契約して工事をする前であれば、まだ物件を変更することも可能です。自分のお店と立地条件が合わない場合は、焦らずに事業計画を見直して、改めて適切な立地条件を考え直してみましょう。

ラーメン屋などは回転率重視

ラーメン屋やファーストフードは人気が高い店舗形態で、オープンしたいと考えている方はたくさんいらっしゃいます。

安い物件があった!周りに競合店も無い!そういう場合でも、その物件周辺の人通りはどうでしょうか?

ラーメン屋やファーストフードなど、薄利多売の飲食店は回転率が命ですから、周辺に人通りがあることが求められます。駅前に人通りが多いことは誰でも分かると思いますが、事実、駅前にはたくさんの人が通ります。

駅の真横とはいかなくても、なるべく駅に近い場所で良い物件が無いかを探すのも、集客できる物件を探すのコツと言えるでしょう。

客単価重視の場合は郊外も検討

おしゃれなレストランやカフェで、お客様に安らぎとくつろぎの時間を提供したいと思っても、飲食店にはライバルもたくさんいます。競合店との競争を避けるために、郊外で営業することを検討してみても良いでしょう。

客単価を重視する場合は、回転率重視のお店とは違って、たくさんのお客さんを集客する必要はありません。静かで安らげる雰囲気のある郊外は、客単価重視のお店には向いていると言えます。

一般的に立地条件が良いと言われている物件でも、必ずしも自分が経営したいお店に適した立地条件であるとは限りません。

飲食店の売り上げや集客は、立地調査によってかなりの差が生まれます。決して妥協できない部分ですから、しっかりと物件の立地調査を行いましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装デザインの事例・お客様の声・人気の記事

担当者

野村 晃正

セキュリティ対策

当サイトの接続は、Secure Coreによって保護されています。


無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ