居抜きとスケルトンのメリット・デメリット

居抜きとスケルトン、それぞれのメリット・デメリットは?費用以外に注目

初期費用を抑えることを1番に考えて店舗物件を選ぶのであれば、内装設備を流用できる居抜き物件がお得になりますが、もちろん初期費用の損得だけでは決められないはずです。

両者のメリット・デメリットをよく理解して、費用以外で考えた場合はどちらの方が自分に合っているのかも考えるようにしましょう。

居抜きのメリット・デメリット

居抜き物件の最大のメリットは、前テナントの内装設備を流用して工事費用を削減できる点ですが、他にも工事期間を大幅に短縮できるというメリットもあります。

簡単なリニューアル工事だけで済むため、オープン時期を早めることができ、早急に開業することができます。

また飲食店の居抜き物件の後に早く飲食店をオープンできれば、前テナントからのお客様を引き継ぎやすいというメリットもあり、オープン当初から売上を確保しやすくもなります。

デメリットとしては設備の老朽化が心配な点と、内装設備の自由度が狭まって前テナントのイメージが残りやすくなってしまう点です。

スケルトンのメリット・デメリット

スケルトン物件は工事費用が高額となりますが、何もない状態から工事をスタートできるため自由に内装設備にこだわることができます。

居抜き物件のように前テナントの内装設備を流用した場合、前テナントを知っているお客様を確保しやすい一方で、新鮮味がなく妥協した雰囲気を感じられて、お客さんが長く定着しない場合もあります。

スケルトンから新規で立ち上げた店舗となると、お客様に新鮮なイメージを与えることができます。

デメリットとしては工事費用がかさむのはもちろんですが、ゼロからのスタートのため施工期間が長くなってしまう点と、開業後に必ずしもお客さんが定着するとは限らない点です。

費用以外はどちらも一長一短

初期費用以外のメリット・デメリットで考えてみても、やはりどちらも一長一短ですから、絶対にどちらかがお得というようなことはありません。

しかし、両者の費用以外のポイントに注目することで、どちらが自分の開きたいお店に適しているかの判断材料になります。

できるだけ工事費用を抑えられるに越したことはありませんが、ご自身の予算に縛られすぎた判断をすることは避け、開業後の将来のことを長い目で考えた上で適した物件を選びましょう。

予算に余裕があるからといって、必ずしもスケルトン物件を選んだほうが良いとは限りません。逆に工事費用は少し無理をしてでも、居抜き物件で妥協しないほうが良いこともあります。

重ねて言いますが、将来を見据えた物件探しが大切なのです。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積もり比較

内装工事の施工例・お客様の声・運営会社・更新情報

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ