店舗を開業するときの挨拶回りの重要性

引越しや新築の住居を構えた場合と同じく、新しくお店を開業した場合も、近隣への挨拶回りは非常に重要です。店舗経営は客商売で、お客様を待つビジネスである以上なおさらです。

開業前に挨拶回りのコツを学んで、ポイントを押さえて挨拶回りを行いましょう。

同業者にも必ず挨拶をしておく

同業者はライバルであり、なぜ同業者にも挨拶するのか?と疑問に感じる方もいらっしゃると思います。しかしこれはマナーであり、挨拶に行かないということは、挑戦状を叩きつけているのと同じことです。

もちろん同業者とは売り上げを競うことになるので、結果的には同じかもしれませんが、心象は大きく違います。不在の場合は、改めて挨拶に伺うことを記した手紙を渡し、工事予定の期間も伝えておきましょう。

同業者が近隣に住む住民である場合も多く、もし飲食店等を開業する際に挨拶をしなかった場合、近隣のお客様への悪い評判につながる可能性もあります。

挨拶回りの際は手土産も用意

特別な物を用意しなければいけないわけではなく、タオルや洗剤、受け取りやすいお菓子を持っていきましょう。渡す際にはそのまま渡すのはNGであり、ご挨拶と記されたのしを付けて渡すようにしましょう。

ご挨拶の手土産の一般的な相場は500円から1000円と言われているため、その金額の範囲で失礼の無い物を選びましょう。

こうした細かいコミュニケーションが、お店の集客につながることも少なくありません。良い口コミにつながる場合もあれば、悪い噂を流されるケースもあるため、失礼の無いようにしっかりと挨拶回りをしましょう。

融資を受けた銀行にも挨拶する

銀行融資を受けて開業した場合は、融資を受けた銀行に挨拶することも大切です。

経営する店舗にもよりますが、飲食関係の店舗である場合、念のため交番にも挨拶しておきましょう。お酒を飲んだお客様が暴れたり、ケンカに発展したりするだけでなく、無銭飲食というケースも考えられます。

挨拶したからといって特別待遇してもらえるわけではありませんが、警察官がお客様として来店される場合もあります。宣伝活動の一環くらいの気持ちで、こうした場所への挨拶回りも行った方が良いでしょう。

挨拶回りはマナーであり、相手によって行う行わないを決めるのはマナー違反です。どこから何が返ってくるか分からないので、お世話になった方、これからお世話になる方にはしっかりと挨拶回りをしておきましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積もり比較

内装工事の施工例・お客様の声・運営会社・更新情報

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ