良心的な内装業者を見分けるコツ

飲食店の内装工事は、業者選びですべてが決まります

後悔しないためにも、飲食店(店舗)の内装業者を選ぶポイントを十分に学んでください。内装業者を選ぶ際に、特に考えなければいけないのは以下の4項目です。

悪徳な内装業者

新聞やニュースで、悪徳リフォーム業者が問題になっています。もちろんリフォーム業界に限らず、どの業界にも悪徳業者は存在しますが、飲食店(店舗)の内装工事業界も例外ではありません。

多くの内装業者は本当に誠実です。ただ、一部の業者は・・・。

【1】 飛込みの内装業者

悪徳な飛込みの内装業者は、会って突然、下記のように言い始めます。

「お宅のお店は、このままでは大変なことになりますよ。あの壁は、かなり老朽化していますね。地震がきたら崩れますよ!」などと必要のない不安を煽り、工事をするように迫ってきます。

普通に考えて、アポイントもなく訪問してくる業者に、きちんとした業者がいるはずもありません。このような内装業者の営業マンは、みな口が達者です。口が達者でなければ、契約が取れませんからね・・・。

絶対に、飛込みの内装業者に引っかからないように注意してください。

【2】 極端に値下げする内装業者

例えば、その業者に「500万円だと予算オーバーで高いです」と言ったとします。その際に、「分かりました。では、半額の250万円でやります!」というように、極端に値下げしてくる内装業者がいます。

飲食店(店舗)の内装工事は、材料などでかなりの調整(いわゆる手抜き工事)ができてしまうものです。そして、お客様側には全く知識がありませんので、手抜き工事を見つけるのはほぼ不可能です。

1つの目安として、「少し金額が高い、予算をオーバーしている」と業者に伝えた際に、極端に値下げしてくる業者は避けた方が懸命です。良心的な内装業者なら、提示した予算の範囲内で内容を調整してくれます。

もちろん、どうやっても無理な安い金額を提示すれば、まともな業者は受けてくれませんので、手抜き工事を行う業者しか受けてくれません。あくまでも相場の範囲内で、可能な内容をお願いしましょう。

【3】 他社のデザインを使う内装業者

あなたがすでに、ある内装業者からデザイン案をもらっているとします。そして次に会った別の内装業者に、以下の質問したとします。

(あなた)「これは他の内装業者のデザインなのですが、こんなお店のイメージにしたいんです。このデザインでお願いすると、工事費用はいくらくらいになりますか?」

それに対して内装業者が、以下のように回答したとします。

(内装業者)「うちの会社なら、このデザインのままで、この会社の30%安い金額で工事しますよ!うちはお客様のことを考えて、格安で工事するのがモットーですから!」

こういうことを言う業者も、かなり悪質な内装業者だと見て良いでしょう。デザイン案には著作権があるため、勝手に利用するのは明確な違法行為ですし、モラル的に考えても普通はありえません。

また、他社のデザインのままで価格を下げるということは、目に見える部分は同じでも、設備工事(電気・ガス・水道・空調・給排気)などの目に見えない部分で「手抜き工事」をするということです。

どこかの材料費を抑えないと、価格は安くできません。このような内装業者は工事も適当で、後々トラブルになる可能性が大きいです。

インターネットで探した内装業者

インターネットからGoogleやYahooで 『 店舗 内装工事 』 と検索すると、内装業者のホームページがたくさん出てきます。どのホームページにも、素晴らしいことがたくさん書いてありますよね。

しかし、飲食店(店舗)の内装工事について知識のない素人が、どの内装業者が良いかを判断することは非常に難しいです。現地調査に来てもらおうと思って電話して、現地調査に来たのが悪徳業者だったら最悪です。

また、飲食店(店舗)の内装工事は、ただ作れば良いというものではなく、デザインのセンス、お店の使い勝手、効率的なレイアウトなど、非常にたくさんのノウハウや経験が必要になります。

住宅リフォーム会社、工務店、建築事務所などは、飲食店(店舗)の内装工事をやったことがない場合が多く、センスが良いお店、お客さんがたくさん入るお店を作るノウハウや経験は持っていません。

現地調査に来てもらうまで、見積り・デザイン提案も受け取ることができないので、ホームページではどんな業者か全く分かりません。インターネットで検索して、個別の会社に直接、見積りを依頼するのは止めておいた方が良いでしょう。

建築士から紹介された内装業者

建築士にデザインを依頼する場合は、建築士の紹介で内装業者が入ることが多いです。自分が選んだ建築士の紹介なので、安心して工事を任せられると思いがちですが、本当に安心なのでしょうか?

いつも一緒に仕事をしている建築士と内装業者ですから、工事そのものはしっかり行ってくれるでしょう。建築士から紹介された内装業者に頼む場合で、問題があるとすれば、適正価格で工事をしてもらえるかどうかです。

もちろん、手抜き工事をするということではありませんが、理由は明快です。

建築士は通常、工事金額の7~10%を設計料として請求するため、工事金額が高くなればなるほど自分の取り分が増えます。ですから、工事金額は通常の相場よりも高くなりがちなのです。

さらに建築士は、店舗デザインを自分の作品として考えていることが多く、グレードの高い素材をチョイスするため、内装工事の材料費がかさむ傾向にあります。

それとは反対に、飲食店(店舗)専門の内装業者はリーズナブルだと言えるでしょう。飲食店(店舗)専門の内装業者でも設計料はかかりますが、全体の金額で調整するため、工事金額の3%にも満たないのです。

知り合いから紹介された内装業者

飲食店(店舗)の内装工事を依頼する場合に多いのは、知り合いからの紹介だと思います。知り合いが紹介してくれているので、悪徳業者という可能性は少ないでしょうから、その点では安心です。

しかし、知り合いからの紹介の場合にもデメリットがあります。

もし内装工事が終わった後に不具合があっても、紹介してもらった方の手前もあり、なかなか強く言うことができません。また、見積り金額が明らかに相場より高くても、高いから安くしてくれとは言いづらいでしょう。

そして、見積りを出してもらった後に断る場合は、さらに気を遣います。下手に断ると、紹介してもらった方との人間関係が壊れる可能性もありますので、このようなリスクがあることを覚えておいてください。

最初から「売り込まれたくない」「連絡先を最初から明かしたくない」というあなたの気持ちを尊重して頂いた上で、ご加盟頂いております。

当サイトに加盟している内装業者は、どの業者も、上記の基準をクリアーした優良な業者です。そして当サイトを利用すれば、そのような優良な業者から無料で、見積り・デザイン提案を受け取ることができます。

とにかく契約してしまえ!売上第一!と考えるような内装業者は、当サイトには加盟していません。当サイトに加盟している内装業者は、相見積りが前提で参加しているため、提案力のない業者は必然的に残ることができません。

匿名のやり取りから始まりますし、当サイトが間に入っているため、内装業者からしつこく営業される心配もありません。良心的で誠実な内装業者から、見積り・デザイン提案を受け取ってみませんか?

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装デザインの事例・お客様の声・人気の記事

担当者

野村 晃正

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ